F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

日本GP失格のルノーF1、問題のブレーキシステムは”今季より前”から使用

シェア
コメント
日本GP失格のルノーF1、問題のブレーキシステムは”今季より前”から使用
執筆:
2019/10/26 9:47

ルノーF1は、日本GP失格の原因となったブレーキシステムは以前から使用していたと明かした。

 ルノーF1チームは、レギュレーションに反したブレーキングシステムを使用したとして日本GPの結果から除外されたが、問題のシステムは以前から使用していたため、その合法性に自信を持っていたと明かした。

 日本GPでは2台がポイント圏内でフィニッシュしたルノー。しかしレース後、ルノーが使用しているブレーキバイアス調整システムが規則に違反している疑いがあるとして、レーシングポイントが抗議を出した。

 FIAが詳細な調査を実施した結果、システムは技術規則には違反していないものの、ドライバー補助装置として機能していることから、競技規則に違反していると判断され、ルノーは日本GPの結果から除外されることとなった。

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、”しばらく前から使用されている技術”だったため、FIAからそのデザインについて承認を得る必要がないと思っていたと説明した。

「別のチーム(レーシングポイント)が意見を求めることにした」

「通常ならFIAに技術的な指示を求めるか、直接(FIAが)我々と話し合う。レースのスチュワードを通してじゃなくてね。その場合、変更するチャンスがある」

「鈴鹿の前に、我々のシステムの合法性に対する議論や憶測はなかった」

「我々は合法だと確信していたので、FIAにアプローチしなかった。実際に実証された通り、技術的には合法だったんだ」

 アビテブールは、問題となったブレーキシステムがドライバーを補助していることは認めつつ、「だがそれなら、他にも多くのモノがドライバー補助装置だと言えるはずだ」と主張した。

 彼は、回生されたエネルギーが自動で放出されていることも、”合法的なドライバー補助”の一例として挙げた。

「ある時点で(レギュレーションに)主観性の要素があることを受け入れる必要がある」

「以前から使用されているので、実際にそうなるまで、それが疑問に思われることはないと思っていた」

「マシンを速くするためではなく、ドライバーの作業負荷を減らすためだった。ドライバーをどれだけ助けているか、そしてそれが受け入れられないかどうかは、常に少し主観的な評価になるだろう」

「スチュワードは受け入れられないと判断した。それはチームにとっても、ドライバーにとっても厳しいことだ。ドライバーがマシンの中で何をしているのかの認識がとても乏しいと思うからだ。彼らがパフォーマンスを発揮するためにマシンの中でやっていることに、否定的な光を投げかける」

 問題となったシステムをルノーはどれくらい前から使用していたのかと尋ねると「詳細は言いたくないが、今シーズンから使い始めたものではない。その前からだ」と答えた。

Read Also:

次の記事
ボッタス、メルセデスの”予想以上”の出遅れに困惑? ハミルトン「タイヤの理解が鍵になる」

前の記事

ボッタス、メルセデスの”予想以上”の出遅れに困惑? ハミルトン「タイヤの理解が鍵になる」

次の記事

メキシコGPの表彰式は今年も特別。優勝マシンも表彰台に!

メキシコGPの表彰式は今年も特別。優勝マシンも表彰台に!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell