F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

フラップ脱落は、リヤウイングの大型化が原因。ルノー問題解決に自信

シェア
コメント
フラップ脱落は、リヤウイングの大型化が原因。ルノー問題解決に自信
執筆:
2019/02/21 9:45

テスト2日目にリヤウイングのトラブルを引き起こしたルノーは、その問題はすでに解決されたと主張する。

 スペインのカタルニア・サーキットで行われているF1合同テストの2日目、ダニエル・リカルドが乗るルノーR.S.19がメインストレートを走っていた際にリヤウイングのフラップが外れ、ターン1でスピンするというシーンがあった。ひとつタイミングが間違えば大クラッシュに繋がる可能性もある……そんな危険なシーンだった。

 チームはこの事故を分析し、問題の原因はDRSのメカニズムにあったことを突き止めた。そのためルノーは、テスト3日目の午前中、走行を担当したニコ・ヒュルケンベルグには、DRSを使わせないことを決断した。

 しかしその後解決策が見つかり、すべてが正常に機能することが確認されたため、午後のセッションから再びDRSの使用を解禁した。ちなみに、午後の走行を担当したのは、スピンを喫したリカルドであった。

 ルノーのテクニカル・ディレクターであるニック・チェスターは、今回のフラップの問題について次のように語った。

「DRSのメカニズムに問題があった」

 そうチェスターは語る。

「リンクバーがなくなってしまい、それでフラップが回転してしまった。それはかなり簡単な修正作業だった。何が問題だったのかを理解し、俺を修正して、今日再びDRSを使うことになった」

「昼休憩の後に、それについていくつかチェックを行った。それから午後の走行開始時に、速い周回を試したんだ」

 チェスター曰く、今季のリヤウイングが大型化し、負荷が増えたことが、今回の問題の背景にあったという。

「ウイングは大きくなった。その結果、負荷も増えた」

 そうチェスターは言う。

「DRSについても同様に、ジオメトリが変更された。今年に向けては、異なる動きになっているからだ。したがって我々は、細部について変更を加える必要があった」

 ウイングの問題を乗り越えたルノー。チェスターはR.S.19のペースに励まされていると言いつつも、そのペースの真価を判断するのは時期尚早だと語った。

「基本的にはポジティブだ。しかし、最終的な判断を下すのは難しい。なぜなら燃料搭載量やエンジンのモードも違うだろうし、DRSを使っているか否かでも大きく変わってくる」

「それらすべてを平準化して、判断するのは難しいことだ。そしてほとんどの走行では、ライバルたちがどれほど燃料を使っているかわからない」

「それでも、かなりポジティブだとは思う。しかし、より多くのロングランをアタックランを積み重ねていけば、より明確なアイデアを手にすることができる。そしてその違いを知り、すべてをまとめ上げていくのだ」

「非常に僅差の集団の中にいると思う。特に次のテストでは、それがどれほど厳しいモノになるのか、学ぶことになるだろう」

次の記事
F1レギュラーとして迎える初めてのテストは「クリスマスのようだった」とジョビナッツィ

前の記事

F1レギュラーとして迎える初めてのテストは「クリスマスのようだった」とジョビナッツィ

次の記事

F1アメリカGP開催のCOTAに大打撃。”手続きの不備”で28億円の援助金が出ず?

F1アメリカGP開催のCOTAに大打撃。”手続きの不備”で28億円の援助金が出ず?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バルセロナ公式オフシーズンテスト1回目
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble