”サテライトチーム”誕生は、F1にとって大問題。ルノーが危惧

シェア
コメント
”サテライトチーム”誕生は、F1にとって大問題。ルノーが危惧
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/09/12 8:50

ルノーのテクニカルチーフであるニック・チェスターは、F1が”サテライトチーム”を禁止するため素早い対策をしなければ、勝てることができるチームが限られるという”本当の問題”に直面するだろうと考えている。

 2021年以降、F1のレギュレーションは大きく変更される予定である。この変更は、F1マシンからチームの運営まで、多岐に渡る予定である。

 その際に導入される予定の案のひとつが、チーム予算の上限策である。現在のF1は非常に激しい開発競争が行われており、各チームは巨額の資金を投入している。この支出が各チームを苦しめており、財政難に陥るチームも出ている。そのため、各チームが年間に使うことができる予算の上限額を指定しようというのが、この予算上限策である。

 しかし、この予算上限を回避するため、限られたビッグチームは、他のチームをサテライトチーム化しようとするのではないかとの懸念が囁かれている。つまり自チームとサテライトチーム分の予算を使い、パフォーマンス向上を目指そうとするチームが出てくるのではないかと指摘されているのだ。

 FIAはこの懸念に対処することを公言しているが、ルノーのテクニカルチーフであるニック・チェスターは、F1における”競争”を維持していくためには、この件に真剣に取り組む必要があると主張する。

「その形が予算制限が導入された後も続くなら、それは本当の問題だと思う」

 チーム間の協力関係について尋ねられたチェスターは、motorsport.comに対してそう語った。

「ひとつもしくはふたつのサテライトチームを持たないチームが、どうやって先頭を争うのか、想像することができない」

「この点はFIAとF1が確認すべき、本当に重要なことだと思う。この可能性が排除できない場合、それは大きな問題になるだろう。そして勝つためには、そうせざるを得ない。ふたつのサテライトチームを持つメーカーになるか、勝つことについて全く考えないようになるか……そのどちらかだ」

 F1のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングも、FIAがサテライトチームの誕生を警戒しているとし、それに対処するために何ができるのかを検討していると語った。

「それは、我々が心配しなければならないことだ。そして、議論していることでもある」

 そうホワイティングは語った。

「そういう関係は(フェラーリとハースで)既に始まっている」

「我々は、それが最初にどのように可能だったか、正確に知っていた。(今後の)新しいエントラントにはその可能性は閉ざされているが、(ハースには)できたことなのだ。彼らはエントラントとして正式に設立される前に、既存のチームよりもはるかに多くの仕事をすることができた」

「しかし、今我々が聞いているのは、既存のチーム間の提携である。それについてはとても慎重に見ておく必要があると思う」

 チェスターは、チーム自ら生産しなければならないパーツを増やして共有することを難しくするか、あるいはより多くのコンポーネントを標準化することが、その解決策になる可能性が高いと考えている。

「そうしなければ、サテライトチームには多くのメリットが生じる。一方でサテライトチームを持っていなければ、あまり魅力的ではない」

 もしこの件に対する処置が行われなかった場合、どうなるかと尋ねられたチェスターは、次のように語った。

「それは悪いニュースになると思う。なぜなら、勝つことができるチームがたくさんある方が、理想的だと思うからだ」

「複数のメーカーが欲しいし、良い独立系のチームが欲しい。そして、チーム間のコラボレーションができるなら、独立していることにはあまり意味がない。それは、素晴らしい独立系チームが存在するチャンスを消してしまうことになる」

「サテライトチームがトップを争うことはなくなるだろう。だから、結局は3チームだけがトップを争うことになるはずだ」

次の F1 ニュース
ベルガー「オコンを失うのはF1にとって大きな損失」と嘆く

前の記事

ベルガー「オコンを失うのはF1にとって大きな損失」と嘆く

次の記事

「ファンに感謝を伝えたい」ホンダ、日本GP冠スポンサー就任理由を語る

「ファンに感謝を伝えたい」ホンダ、日本GP冠スポンサー就任理由を語る
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース