F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベント 進行中 . . .
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
12 days
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
40 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
47 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
61 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
75 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
82 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
96 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
103 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
117 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
131 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
159 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
166 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
180 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
187 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
201 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
215 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
222 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
236 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
250 days

ルノーPU搭載全車、新型MGU-Kに交換。ヒュルケンベルグはエンジンも更新

シェア
コメント
ルノーPU搭載全車、新型MGU-Kに交換。ヒュルケンベルグはエンジンも更新
執筆:
2019/04/12 6:34

ルノーは中国GPに新しいスペックのMGU-Kを投入。これにより、バーレーンGPの決勝終盤にチームの2台のマシンに発生したトラブルを解決できると自信を見せている。

 ルノーF1チームのダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグは、バーレーンGPの54周目に揃ってトラブルに見舞われ、マシンをストップ。これにより、チームは大量得点のチャンスを逃すこととなった。

 チームはこのトラブル原因を調査。その結果、オーストラリアGPでマクラーレンのカルロス・サインツJr.を襲ったMGU-Kのトラブルに関連するモノだったことを突き止めた。

 ルノーはバーレーンまでに修正されたスペックを準備し、サインツJr.のマシンに搭載した。しかしバーレーンで問題が発生したことで、ルノーのパワーユニット(PU)を使うルノーとマクラーレンの計4台が、この新スペックのMGU-Kを使うこととなった。

「(バーレーンの)リタイアは完全に、MGU-Kのトラブルに関連していた」

 ルノーF1のチーム代表であるシリル・アビテブールは、motorsport.comに対してそう語った。

「ダニエルについてはそれは明らかだった。しかしまた、ニコのリタイアもそれに関連したモノだった。我々は予防措置を講じて、パワーユニットを交換しなければいけなかったんだ」

「それは、オーストラリアでカルロスに起きたこととほぼ同じだった。MGU-Kの故障により、エンジンの他の部分にも何らかの損傷を及ぼしたのだ」

 アビテブールによれば、予備のMGU-Kがバーレーンにも持ち込まれていたが、それが使用されることはなかったと認めた。

「このアップデートは、メルボルンでカルロスに起きたトラブルが引き金となったモノだ。我々はバーレーンに、アップデート版をふたつ用意していた。ひとつはメルボルンで故障したモノを交換するために、カルロスに与えられた。そしてふたつめは、2チームに対する予備として持ち込まれた」

「しかし結局は、その予備パーツは使わないこととした。しかし今週末は、すべてのマシンについて交換することができる」

 バーレーンでリカルドとヒュルケンベルグがストップしたのは、ほぼ同じタイミング。止まった場所も同じコーナーであった。どうしてそんなことが起きたのかと尋ねられたアビテブールは、次のように語った。

「それは神の思し召しだろうね! 本当に偶然の一致だった。しかし明らかに、解決する必要があることだった。だからMGU-Kについては、今週末に解決が施されている」

「シーズンが始まって以来、MGU-Kとは関係ない問題もいくつかあった。メルボルンの予選で問題があり、バーレーンの予選でも問題があった。我々はそれを忘れ、順番に物事を解決していかなければいけない」

 ヒュルケンベルグは、新しいMGU-Kを投入すると同時に、シーズン2基目のエンジン(ICE)、ターボ、そしてMGU-Hも投入することとなった。

「僕らはそれを調査し、信頼性の問題に取り組んでいる」

 そうヒュルケンベルグは語った。

「バーレーンで素晴らしい結果を失うことになったのは残念だ。でもそうするだけじゃなく、そのことを忘れて、前に進まなければいけない」

「それはPUの問題だった。だから今、僕は2基目のエンジンを使っている。シーズンのはじめから、MGU-Kの面でいくつかの問題があった。そして再設計されたMGU-Kを手にしている。それは、問題が修正されたモノだ。さらに改善するために、それは進行中の作業なんだ」

次の記事
フェラーリがバーレーンGPでの問題に対処。コントロールエレクトロニクスを交換へ

前の記事

フェラーリがバーレーンGPでの問題に対処。コントロールエレクトロニクスを交換へ

次の記事

ホンダ、今季初のパワーユニット交換を実施。クビアト車にデータ異常を発見

ホンダ、今季初のパワーユニット交換を実施。クビアト車にデータ異常を発見
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
ドライバー ダニエル リカルド 発売中 , ニコ ヒュルケンベルグ 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper