ルノー、ベルギーGPでフロアをアップデート。来季用コンセプトもテスト

シェア
コメント
ルノー、ベルギーGPでフロアをアップデート。来季用コンセプトもテスト
2018/08/18 10:28

ルノーは、来週末に行われるベルギーGPに向け、他の空力パーツと同様にフロアのアップデートを持ち込むことを決めた。

Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18
Renault Sport F1 Team R.S. 18 nose and front wing
Carlos Sainz Jr., Renault Sport F1 Team R.S. 18 sparks

 激戦となっている今季のF1のコンストラクターズランキング4位争い。ルノーはこの戦いに勝ち抜くため、次のベルギーGPにアップデートパーツを持ち込むことを決めた。

 同チームのテクニカルディレクターであるニック・チェスターは、次のように語った。

「我々はスパに、新しいフロア、それと共にいくつかのボディワークパーツを持ち込む。それは、大きな助けになるはずだ」

「我々は非常に接近した中団争いを戦っている。今年末まで良い戦いをするためには、マシンにより多くのパフォーマンスを注入しなければいけない。我々の目標は、(コンストラクターズランキングで)4位を維持することだ」

「我々は懸命に作業を続けている。そして、やるべきことは多くある。我々には、それをすることができるはずだ。今、(ランキング5位のハースとは)16ポイントの差がある。しかし、良いレースをされてしまえば、1レースでそれが帳消しになってしまうことがある。ちょうどオーストリアで見たようにだ」

 チェスターは、ランキングを維持する最善の方法は、レースで追い上げたり他チームの不運に頼るのではなく、マシンに純粋なパフォーマンスをもたらすことだと信じている。

「目標は、ライバルたちに予選で勝つことだ。そうすれば、物事を楽にしてくれるからね。しかしそれができなかったり、あるいはとても接近していた場合でも、我々は良いレースができる傾向にある」

 そうチェスターは語った。

「純粋なペースを見つけるのが我々の目標だが、しかし近いところにいる限り、ライバルたちと戦える自信がある」

 一方、ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブール曰く、ベルギーGPでは新しいフロアを投入するだけでなく、2019年に向けた新しいコンセプトの評価も行うという。

「現在、我々のリソースの大部分は、チームの進歩のもうひとつ重要なステップである2019年の準備に集中させている」

 そうアビテブールは語った。

「しかしそれ以前に、我々は今年のパッケージからできる限りのパフォーマンスを得るため、開発を続けなければいけない」

「我々は空力の開発を進めており、次のレースではいくつかのコンセプトをR.S.18に持ち込む。それは、最終的には来年用のマシンに向けられている」

「ドライバーマーケットでは、我々は攻撃的であり、確固とした姿勢で戦った。そしてシャシーとエンジンの開発でも、これと同じことを行う必要がある」

次の F1 ニュース
マグヌッセン、トップ3チーム除外の”クラスB選手権”妄想。タイトル獲得を目指す

前の記事

マグヌッセン、トップ3チーム除外の”クラスB選手権”妄想。タイトル獲得を目指す

次の記事

フェラーリ加入は夢だけど……グロージャン、ハース加入理由を語る

フェラーリ加入は夢だけど……グロージャン、ハース加入理由を語る
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
記事タイプ 速報ニュース