F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

ルノー、DRSの”バタつき”に応急処置。リカルド「フラップが踊っていたよ!」

シェア
コメント
ルノー、DRSの”バタつき”に応急処置。リカルド「フラップが踊っていたよ!」
執筆:
2019/06/29 12:09

オーストリアGP初日にDRSトラブルに見舞われたルノーは、夜の間に修正作業を行い対応すると明かした。

 オーストリアGPのフリー走行で、ルノーはどちらのマシンもDRSを作動している時にフラップがバタついてしまうトラブルに見舞われた。チームは、DRSの機構部分に修正を加えて対応するようだ。

 マネージングディレクターのシリル・アビテブールは、問題の正確な原因はまだ調査中ではあるものの、問題を解決するための最初のステップとして修正を加えることにしたとmotorsport.comに語った。

Read Also:

 ルノーはDRSに関するトラブルに多く見舞われている。今季も、バルセロナで2月に行われたプレシーズンテスト2日目にリヤウイングのフラップが外れ、ダニエル・リカルドがスピンを喫するトラブルが発生した。

 今回のDRSトラブルについて、リカルドは次のように述べた。

「(フラップは)かなり緩かったね。(DRSを使わず)昔ながらの素敵な時間を過ごしたよ」

「理想的ではない。(フラップは)ちょっとタンゴを踊っているような感じだった」

「それがなぜなのかは分からない。僕は空力の専門家じゃないからね。でも、それ(トラブル)は一目瞭然だった。おそらく横風が関係していると思う。確かにおかしかったから、僕たちはその原因を調べてみるつもりだ」

 カナダ、フランスと2戦連続で好調だったルノーだが、今回のFP2ではニコ・ヒュルケンベルグが16番手、リカルドが17番手と下位に沈んだ。

 リカルドは、パフォーマンスを上げるためにやるべきことがいくつかあることを認めた。

「今日の午後、僕たちは確かに少し苦労していて、答えを見つけようとしていた」

「赤旗で少し混乱していたので、理解を進めるために燃料を少なめにして追加の走行をしてみた」

「難しい金曜日になったと言えるだろう。金曜日が良い1日になった方が良いのは確かだけど、夜の間に答えが見つかると自信を持っている」

「僕とニコは同じ問題を抱えているようで、同じところに不満を持っている。だから少なくとも、チームは問題解決をひとつの方向に絞ることができる。チームを別々の方向に引っ張っているわけじゃないから、解決策を見つけるチャンスはあると思う」

 29日(土)の午前に行われたFP3では、ヒュルケンベルグが12番手に浮上。しかしリカルドは17番手と沈んでいる。

次の記事
「メルセデスは全開じゃない」フェルスタッペン、マシンに手応えも慎重なコメント

前の記事

「メルセデスは全開じゃない」フェルスタッペン、マシンに手応えも慎重なコメント

次の記事

【動画】2019年F1第9戦オーストリアGPフリー走行3回目ハイライト

【動画】2019年F1第9戦オーストリアGPフリー走行3回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第9戦オーストリアGP
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper