F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

ルノーの“スト破り”で仕方がなく……メルセデス、タイヤテストに乗り気でなかった

シェア
コメント
ルノーの“スト破り”で仕方がなく……メルセデス、タイヤテストに乗り気でなかった
執筆:
2019/05/14 3:17

メルセデスのトト・ウルフは、ピレリが今年行う18インチタイヤのテストは延期すべきだと考えていたものの、ルノーが“スト破り”をし、追従する必要があったと語っている。

 2021年よりF1マシンに導入される予定の18インチタイヤ。タイヤ供給メーカーであるピレリは、今年中に新サイズのタイヤを使用した2日間のテストを計画しており、そのテストにはメルセデス、ルノー、マクラーレンの3チームが参加するという。

 なお同テストに3チームは、2018年のシャシーを18インチタイヤに合致するように改造を施したマシンで挑む予定だ。

 ピレリは全チームにテストへの参加オファーをしたようだが、2018年のマシンに18インチタイヤを適合させるためには、大掛かりなサスペンションの改修が確実に必要だと思われ、殆どのチームは2019年内にそうしたプロジェクトへリソースを充てる事は乗り気ではなかった。

 しかし、ルノーがピレリの要求に沿ったマシンを用意することに同意すると、メルセデスとマクラーレンは共に参加せざるを得ないと感じたようだ。

 フェラーリは資金と時間の不足を理由に、レッドブルはパワーユニットメーカーの変更により使用可能な2018年仕様マシンが無いため、同テストを辞退している。

「非常に難しい決定だった。ピレリが(18インチの)タイヤテストを必要としていることは、理解する必要がある。しかしその一方で、2019年用として計画されたリソースには、タイヤテストに充てる余裕はなかった」と、メルセデスの代表であるトト・ウルフはmotorsport.comに対し語っている。

「だから我々は、全ての18インチタイヤのテストを2020年に延期することを望んでいた。そして、全チームが延期に同意すれば、最高の結果だということは明らかだった」

「しかし誰かがそれに乗るなら、我々もまたそうしなければいけない。ルノーは“ストライキ破り”であり、マクラーレンと我々もまた同じだ」

 ルノーのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、タイヤについての知識を少しでも得ることは、チームにとっての優先事項だと話す。

「ピレリからは全チームに提案と、要請があった。そして我々はピレリが良い仕事をできるだけの能力があることを確かめる責任があると思ったんだ」とアビテブールは語っている。

「タイヤへの理解度の重要度を見た時、正直に言って我々は遅れを取っている。今シーズンの最初から我々が抱えている困難のほとんどは、過小評価していたタイヤの構造変更によるものだ」

「これは我々が大幅に改善を必要としていることを実証できるチャンスだ。2021年に向けて我々の受けたオファーを断るなどと、なぜ言えるのだろうか? とても簡単な話だ」

次の記事
メルセデスが強すぎる……トト・ウルフ代表「とはいえ、我々にできることは何もない」

前の記事

メルセデスが強すぎる……トト・ウルフ代表「とはいえ、我々にできることは何もない」

次の記事

フェラーリ、マシンコンセプトへの自信も揺らぐ? 「苦戦の根本的な理由を探る」

フェラーリ、マシンコンセプトへの自信も揺らぐ? 「苦戦の根本的な理由を探る」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス 発売中 , ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper