ルノーF1、2019年のパワーユニットは設計を一新

シェア
コメント
ルノーF1、2019年のパワーユニットは設計を一新
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/10/18 11:38

ルノーF1は、メルセデスやフェラーリとの差を縮めるため、設計を一新したパワーユニットを、来季投入することを計画しているようだ。

 今季のルノーは、パワーユニットの面でも苦戦を強いられている。メルセデスやフェラーリとの差を広げられたばかりか、後発のホンダにもパフォーマンス面で脅かされる状況にある。

 その状況を打破するため、ルノーは来季に向けて、新設計のパワーユニットを準備しているようだ。マネージングディレクターのシリル・アビテブール曰く、パワーユニットを一新するという決断は、現行モデルの構造によって、パフォーマンスが制限されてしまっていたために下されたのだという。

「それは全く新しいエンジンだ」

 アビテブールはそうmotorsport.comに対して語った。

「新しいエンジンを投入する理由のひとつ、そしてスペックCが好パフォーマンスを発揮できない理由は、現在のエンジンには構造上の制約があったことだ」

 アビテブールは新型のパワーユニットについて、そのパフォーマンスと信頼性のバランスを取ることが大切だと語った。

「パワーを改善するという野望を考えれば、エンジンのほとんどすべてのモノが新しくなるだろう」

 アビテブールはそう説明する。

「ERS(エネルギー回生システム)だけではない。そこから引き出せるのは、ほんの僅かのパワーだし、パフォーマンスも僅かだ。しかし、ICE(エンジン)は新しいモノになるだろう」

「我々は少し注意深くなる必要があるし、とても思い切ったことをする必要がある。そして多くの規律をもって計画を進め、シーズンの始めに難しい立場に置かれないようにしなければいけない」

 アビテブール曰く、ルノーの今季のパワーユニットも、シーズン中に大きな進歩を遂げており、それはテストベンチで確認できているという。しかしながら、シーズン中に投入できるコンポーネントの数がレギュレーションによって限られているため、その効果を発揮しきれていないようだ。

「テストベンチの上では、我々はよく進歩している」

「テストベンチ上では、かなり距離を走ることができているのだ」

「今季は、ふたつの問題が発生していた。それはターボチャージャーとMGU-Kだ。今使っているMGU-Kでは、これまでのところ問題を抱えていないし、テストベンチでも実際のコースでも、問題は出ていない」

「最終バージョンのターボも、大丈夫なようだ。しかし、パーツを変更するとペナルティの対象となる状況のため、すべてのマシンに搭載されているわけではない」

「これは、現在のレギュレーションの愚かな部分だ。良いパーツを持っていても、それを使うことができないのだから。ちょっとおかしいよ」

「パーツを改善するために資金を投入する。そして、テストベンチでそれを確認し、使える物だと分かったとしても、実際にマシンに投入することはできないんだ」

「おかしな状況だ。本当に間違ったことがここにはある。しかしとにかく、我々はそのふたつの問題に対処している」

 アビテブールは、まだパワーユニットの面で多くの進歩を果たすことができると信じている。それも、来季用パワーユニットの設計を一新することを決めた一因だったという。

「私に衝撃を与えていることのひとつは、エンジンの開発曲線が、平らになることは全くないということなんだ。それは素晴らしいことだ」

次の記事
メルセデスの新型ホイールは”完全合法”。FIAが調査

前の記事

メルセデスの新型ホイールは”完全合法”。FIAが調査

次の記事

「コスト制限導入は十分可能」トロロッソ代表、今のF1に危機感

「コスト制限導入は十分可能」トロロッソ代表、今のF1に危機感
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース