F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
29 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
43 days
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
57 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
71 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
78 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
92 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
106 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
113 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
127 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
134 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
148 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
162 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
190 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
197 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
211 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
218 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
232 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
246 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
253 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
267 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
281 days

ルノーF1、日本GPの結果から除外へ。”競技規則”違反のブレーキシステム使用

シェア
コメント
ルノーF1、日本GPの結果から除外へ。”競技規則”違反のブレーキシステム使用
執筆:
2019/10/24 0:53

ルノーは、ドライバーを助けるようなブレーキシステムを使用したとして、F1日本GPの結果から除外されるようだ。

 ルノーは、F1第17戦日本GPでダニエル・リカルドが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが10位でフィニッシュしたが、ブレーキシステムが”競技規則”に違反していると判断されたため、結果から除外されることとなった。

Read Also:

 日本GPのレース後、レーシングポイントが抗議したことで、ルノーの「ブレーキバイアス調整システム」についてFIAが調査を実施。スチュワードは10月23日(水)に電話会議でヒアリングを行い、鈴鹿でリカルドとヒュルケンベルグが使用したシステムが合法かどうかを評価していた。

 最終的に、ルノーのシステムは技術規則には違反していないものの、ドライバーの運転を助けるようなシステムだったとスチュワードは判断し、ルノーの2台を日本GPの結果から除外することを決定した。

 レーシングポイントは、ルノーは『走行した距離に応じ、事前に設定した通りにブレーキバイアスを自動で調整するシステム』を使用していると主張、多くのレギュレーションに違反していると抗議した。

 レーシングポイントは、ルノーが『ドライバーが単独で援助なしにマシンを運転しなければならない』と定めた競技規則27.1に違反しており、ブレーキバイアス調整システムが技術規則の8.6.3、11.1.3、11.1.4に違反していると主張した。いずれも、ブレーキバランスの調整を含めたシステムの変更は、ドライバーが行わなければならないと規定している条文である。

 なお、エネルギー回生を行うリヤブレーキに関しては電子制御が行われるため、11.1.3および11.1.4の例外として、11.9に定められている。

 ルノーは、ブレーキバイアス調整システムは走行距離をトリガーとして使用しておらず、技術規則に違反していないと主張した。FIAにシステムの完全な詳細を提供したものの、これらは機密となっており公開されていない。

 日本GPのスチュワードが行ったヒアリングの後、ルノーのシステムは技術規則を遵守していたと結論づけられた。

 スチュワードは以下のように判断について説明した。

1. ルノーが使用するリヤブレーキコントロールソフトウェアは、F1技術規則11.9で言及されている制御システムの不可欠な部分である。従って11.1.3および11.1.4には違反していない。

2. 説明された制御システムは事前に設定されておらず、ラップ距離に依存したものでもないと判断された。

3. ルノーのドライバーは、ハンドルに取り付けられたボタンを使用し、ブレーキバランスを制御する。これはF1技術規則8.6.3に準拠している。これらのシステムはFIA標準ECUに接続されている。

4. 上記を考慮すると、ルノーは革新的なソリューションを使用し、F1技術規則およびその他の補足文書の曖昧な部分を利用してはいるが、システムは現在のF1技術規則に違反していないとスチュワードは結論づける。

 しかしながら、スチュワードはこのデバイスが競技規則27.1に違反するドライバー支援であると判断した。

「問題のブレーキバランス調整システムは、ドライバーがラップ中に何度もブレーキバイアスを調整する必要がないようにすることで、ドライバーの補助として機能する」

「ドライバーのスキルや反射神経を補う可能性がある。それはドライバーの援助であり、F1競技規則27.1に違反している」

 リカルドとヒュルケンベルグは、このシステムにより有利になったと判断され、彼らを日本GPの結果から除外するという判断が下された。

 ルノーがFIAに控訴する場合、メキシコGPがスタートする24日(木)の現地時間午前10時までに、その意思を通知する必要がある。

 リカルドとヒュルケンベルグが失格となった場合、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が6位、ピエール・ガスリー(トロロッソ)が7位に繰り上がり。また、ランス・ストロール(レーシングポイント)とダニール・クビアト(トロロッソ)が新たにポイントを手にすることになる。

 以上によるポイントの変動によりドライバーズ、コンストラクターズ両ランキングの詳細について続報をお届けするのでお待ちいただきたい。

Read Also:

次の記事
「全速で駆け抜ける」マクラーレン、残り4戦もアップデート継続へ

前の記事

「全速で駆け抜ける」マクラーレン、残り4戦もアップデート継続へ

次の記事

ルノー失格でクビアトが日本GP入賞、トロロッソがランク5位に接近。ルノーは控訴検討

ルノー失格でクビアトが日本GP入賞、トロロッソがランク5位に接近。ルノーは控訴検討
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第17戦日本GP
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble