F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

F1スペインGP予選:ボッタス、貫禄さえ漂う3戦連続PP! レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは4番手

シェア
コメント
F1スペインGP予選:ボッタス、貫禄さえ漂う3戦連続PP! レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは4番手
執筆:
2019/05/12 1:09

F1第5戦スペインGPの予選が行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。

 F1第5戦スペインGPの予選が行われた。ポールポジションを獲得したのはバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、タイムはコースレコードを更新する1分15秒406だった。

Q1:クラッシュのヒュルケンベルグ脱落。フェルスタッペンが2番手タイム

 18分間のQ1がスタートし、ロバート・クビサ(ウイリアムズ)が真っ先にコースイン。1分21秒860を記録した。上位陣ではフェラーリが早めにアタックを開始し、シャルル・ルクレールが1分17秒835、セバスチャン・ベッテルが1分18秒068をマークした。

 そんな中、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)がコースオフによりフロントウイングを破損。タイムを計測できないままピットへ戻ることとなった。

 残り時間10分前後から各車続々とコースインし、ソフトタイヤを履いてタイム計測へと向かう。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が1分17秒244でトップタイムを更新すると、ボッタスが1分17秒175でさらにそれを更新した。中団チームの中でも特に好調さをうかがわせているハースは、ケビン・マグヌッセンが1分17秒699を記録し、レッドブルのピエール・ガスリーを上回った。

 修復作業を終えたヒュルケンベルグは再びコースインし、残り時間3分頃からタイムアタックを行うも15番手タイムとなり、Q2進出ギリギリの位置となってしまう。

 その後、Q2進出をかけたラストアタックで脱落圏内にいたキミ・ライコネン(アルファロメオ)が13番手まで順位を上げ、ヒュルケンベルグをノックアウトした。

 Q1脱落となったのは16番手から順に、ヒュルケンベルグ、ランス・ストロール(レーシングポイント)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、クビサだった。

 Q1トップタイムは1分16秒979を記録したボッタス。フェルスタッペンは2番手につけた。

Q2:クビアトがQ3進出。マクラーレンは2台揃ってQ2落ち

 16分間のQ2では各車残り10分頃からようやくタイムを記録し始めた。タイヤはQ1と同じく全車がソフトタイヤを装着した。

 Q1ではそれほど目立っていなかったルイス・ハミルトン(メルセデス)だったが、コースレコードを更新する1分16秒038を記録しトップに。1回目のタイムアタックを終えた段階で、チームメイトのボッタスを除くライバルたちはハミルトンからコンマ6秒以上遅れる形となった。

 ガスリーもそれらの集団から遅れること数分、セッション残り6分頃からタイムアタックに入り、5番手タイムを記録した。トロロッソの2台はこの時点でトップ10から外れ、Q2脱落圏内となってしまった。

 ベッテル、フェルスタッペンを除く13台がコースインし、最後のアタックへ向かう。好調のハース勢はレッドブル勢に続くタイムを記録し、トップ10圏内へ。そして脱落圏にいたダニール・クビアトが最後のアタックで8番手にまで順位上げ、Q3進出を果たした。ランド・ノリス(マクラーレン)はダニエル・リカルド(ルノー)のタイムに0.039秒足りず、Q2敗退となった。

 トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、ラストアタックで挙動を乱してしまいタイムロス。ホンダPU全4台のQ3進出はならなかった。また、マクラーレンのカルロス・サインツJr.もラストアタックでミスし、タイムを上げられなかった。

 Q2のトップタイムもボッタスで、セッション終了間際にタイムアップし、1分15秒924を記録。フェラーリ勢はボッタスからコンマ7秒以上離されており、少し嫌な流れのままQ3へ向かうこととなった。

 順位が確定したのは11位から順にノリス、アルボン、サインツJr.、ライコネン、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)だった。

Q3:驚愕ラップのボッタス3戦連続PP! メルセデスがフロントロウを独占 

 ポールポジションを決するQ3。ルクレールを除く9台がコースインし、最初のアタックへ。ハミルトンはステアリングを修正する場面が何度か見られ、1分16秒040。対して、安定したラップを刻んだボッタスは、Q2よりもさらにタイムを縮め、1分15秒406でトップに立った。ベッテルはセクター1で全体ベストタイムを記録するも、ボッタスからコンマ8秒遅れの3番手。そこにフェルスタッペン、ガスリーが続いた。

 Q2で縁石に乗った際、マシンにダメージを負ったルクレールは残り時間5分にコースイン。1分16秒613で5番手のタイムを記録した。

 ルクレールのタイム計測が終わるタイミングで、残る9台は最後のタイム計測に入っていく。しかしながら、ベストタイムを更新できたドライバーはおらず。ボッタスの3戦連続となるポールポジションが確定した。

 2番手に入ったのはハミルトン。アタックには苦労していた印象で、ボッタスとは0.634秒差と”らしさ”を欠いたアタックとなってしまった。3番手にはベッテルが入ったが、メルセデス勢との差を見せつけられる予選となった。

 4番手にはフェルスタッペンが入り、5番手にはルクレール、6番手にはガスリーが続いた。中団勢に目を向けるとロマン・グロージャンとマグヌッセンのハース勢が好調を維持し4列目を独占した。9番手にはクビアトが入り、10番手はリカルドだった。

 “今回も”メルセデスの速さが際立つセッションとなった。カタルニア・サーキットはテストが開催されデータが豊富にあることもあってか、荒れた展開となることは稀。ポールポジションやフロントロウから優勝を飾る確率がかなり高い。

 それでもフェラーリ、レッドブル勢が一矢報いることができるのか、そしてハース、トロロッソらによる中団グループの争いはどうなるか、それらが注目のポイントとなるだろう。

→【リザルト】F1スペインGP予選結果

次の記事
混沌の中団争いは規則変更によるもの? ノリス「チームの長所と短所がはっきりした」

前の記事

混沌の中団争いは規則変更によるもの? ノリス「チームの長所と短所がはっきりした」

次の記事

【動画】F1スペインGP予選:ボッタスPP獲得ラップオンボード映像

【動画】F1スペインGP予選:ボッタスPP獲得ラップオンボード映像
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第5戦スペインGP
サブイベント Q1
執筆者 戎井健一郎