F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

F1オーナー、アフリカ大陸でのレース復活を熱望。マラケシュも誘致に名乗り?

シェア
コメント
F1オーナー、アフリカ大陸でのレース復活を熱望。マラケシュも誘致に名乗り?
執筆:
2019/05/17 0:00

F1オーナーのリバティ・メディアにとって、アフリカ大陸でのグランプリ開催復活が優先事項となっているようだ。

 F1の商業部門を統括するマネージングディレクターのショーン・ブラッチズによれば、F1オーナーのリバティ・メディアにとってアフリカでのグランプリ開催復活が優先事項であり、モロッコのマラケシュが開催に関心を示しているという。

 モロッコは、1958年に一度だけF1グランプリを開催したことがある。当時はカサブランカの海沿いに作られたロードコース、アイン・ディアブでシーズン最終戦が行われた。

 最近では、”南の真珠”と称される観光都市のマラケシュでレース開催が活発化しており、2009年から2017年までWTCCを、2016年からはフォーミュラEを開催。モータースポーツにおける国際的な知名度を上げてきた。

 一方、F1がアフリカ大陸で最後にグランプリを開催したのは1993年。南アフリカのキャラミで21回(うち1回は非選手権扱い)レースを開催した他、それ以前の1960年代には同国のイースト・ロンドンでも4回(うち1回は非選手権扱い)レースを行っている。

 それ以降、何度も南アフリカでのグランプリ開催の可能性が浮上しては消えており、一時はケープタウンでの開催も検討されていた。

 ブラッチズは、ロンドンで行われたスポーツ産業イベントで「我々は、人類が生活している5大陸のうち、アフリカでレースをしていない」と語った。

「我々は南アフリカと、グランプリ誘致に関して非常に生産的な会話をしてきた。南アフリカほどではないが、モロッコとも話をしている」

「我々は以前、そこ(南アフリカ)でレースをしてきた。政治的な理由から開催が中止されたこともあったが、それ(アパルトヘイト政策)もすでに終わっている。我々はそれ(グランプリ復活)に取り組んでいる。我々にとって本当に大切なのだ」

 南アフリカとモロッコでの開催見通しについて、彼はロイターに次のように述べた。

「そこは我々がレースをしたい市場だ。F1はグローバルなスポーツなんだ」

「南アフリカには歴史的なサーキットがある。キャラミだ。南アフリカでポルシェのディーラーを所有しているトビー・ヴェンターが、ガレージやパドックを改修している」

「世界中の他の市場と同様に、モロッコのマラケシュからも積極的なアプローチを受けている。そこにはサーキットもあるが、ステータスという意味では馴染みが薄い。(F1開催が可能な)グレード1のサーキットではないと思うが、高い関心がある」

 ブラッチズは、マラケシュでのプロジェクトに関して、公的資金の関与が不可欠になると示唆した。

「世界中の国や州、都市、自治体にとって、我々のレースは経済的な推進力になる」

「我々のグランプリの大部分は、政府によって支えられている。それが機能するからだ。我々はそれらの都市に明るい光を当てる。直接、多大な経済的影響が生まれるのだ」

 開催が実現するタイミングについて訊かれると、ブラッチズは「それは流動的だ。我々は短期的に考えている」と答えた。

次の記事
アグレッシブ過ぎた? ガスリー「僕のドライビングスタイルを変える必要もある」

前の記事

アグレッシブ過ぎた? ガスリー「僕のドライビングスタイルを変える必要もある」

次の記事

ルノーF1、目標を下方修正せず「トップ3チームとの差を縮めるべく、対策を講じる」

ルノーF1、目標を下方修正せず「トップ3チームとの差を縮めるべく、対策を講じる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper