セルジオ・ペレス、フォースンインディアと2019年の契約を締結

シェア
コメント
セルジオ・ペレス、フォースンインディアと2019年の契約を締結
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/10/18 23:37

レーシングポイント・フォースインディアは、セルジオ・ペレスと2019年のドライバー契約を結んだことを発表した。

 レーシングポイント・フォースインディアは、セルジオ・ペレスと2019年のドライバー契約を結んだことを発表した。ペレスは、同チーム在籍6年目を迎えることになる。

 ペレスの契約が延長されるのは、ある意味予期されていたことだった。フォースインディアは今年の夏に財政難に陥り、管財人の管理下に入った。この動きに深く関わっていたのが、ペレスと彼のマネジメントだったのだ。

 その後、ローレンス・ストロール率いるレーシングポイントがチームの資産を購入。”レーシングポイント・フォースインディア”として再スタートを切った。

 ペレスも主要な債権者のひとりであり、元のフォースインディアに対して400万ドル(約4億4000万円)の債権を持っていた。しかし現時点では、これは既に支払われたようだ。

 当初から契約締結はほぼ確実とみられていたペレス。しかしここまで発表が遅れた背景には、メキシコのパーソナルスポンサーとの契約が完全に締結できるまで待っていたという理由があったようだ。

「ようやく僕の将来について発表することができ、とても嬉しく思っている。そして、2019年に向け、モチベーションに満ち溢れている」

 そうペレスは語った。

「フォースインディアは、2014年以来僕の家のようなものだ。そしてドライバーとして成長し、コース上では自分のスキルを見せることができた」

「僕らはこれまでの5年の間に、多くの成功を収めた。でも、最高のモノはまだ訪れていないと思う。チームが享受している新しい投資は、僕に自信を与えてくれる。僕は未来について本当に興奮している」

 チーム代表のオットマー・サフナウアーも、ペレスとの契約発表に際し、次のようにコメントした。

「これまでの5年の間に、セルジオはF1のグリッド上で最も才能があり、安定したドライバーのひとりであるということを証明した」

「彼は我々に安定をもたらしてくれる。このチームにとっての大きな財産だ」

次の記事
「コスト制限導入は十分可能」トロロッソ代表、今のF1に危機感

前の記事

「コスト制限導入は十分可能」トロロッソ代表、今のF1に危機感

次の記事

トロロッソにアルボン加入? ハートレー、チーム内の立場を嘆く

トロロッソにアルボン加入? ハートレー、チーム内の立場を嘆く
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セルジオ ペレス 発売中
チーム レーシングポイント・フォースインディア
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース