一体なぜ……リカルド、“奇妙な”シートの緩みで走行時間をロス

シェア
コメント
一体なぜ……リカルド、“奇妙な”シートの緩みで走行時間をロス
執筆:
2019/03/15 11:44

ルノーのダニエル・リカルドは、オーストラリアGPのフリー走行で“奇妙な”シートベルトの不具合に見舞われたと語る。

 ダニエル・リカルド(ルノー)はオーストラリアGPのフリー走行2回目において、チームがシートベルトの不具合を調整していたために時間をロスした。

 フリー走行2回目を8位で終えたリカルドはインタビューで「シートベルトに関するささいなことで、コースに出るのが少し遅くなってしまった」と語った。

「シートが緩んでいて、実に奇妙だった。調整作業は終わったが、これから原因を解明していく必要がある」

「結果的にやらなければならないことが増え、思うように周回ができなかった」

 リカルドは前述の調整作業もあり、彼自身が行ったロングランには満足していない。しかしながら、チームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグが彼より多くの周回をこなしたため、その点で心配はしていないという。

「ショートランは良かったが、ロングランはあまり良くなかった」とリカルドは言う。

「マシンに関して学ぶことはたくさんあるし、セットアップの方法もまだいくつかあるだろう」

「ニコ(ヒュルケンベルグ)は僕より知識があるので、おそらく彼からいくつか学ぶことになるだろう。時が経てば、同じように彼が僕から学ぶことになると思う」

「今のところマシンは悪くなさそうだ。彼のロングランはとても印象的で、僕より良さそうだ。だからポジティブなんだ」

 3/17(日)に行われる決勝の展望についてリカルドは「僕たち2台が上位7、8台の中に入れば、良いシーズンのスタートと言えるのではないだろうか」と語った。

「少し奇妙なのはフェラーリの順位が上がって来ないことだ。何か問題が起きているのか、燃料を多く積んでいるのか、それとも純粋に速さが無いのかはわからない」

「キミ(ライコネン)が5位あたりにいるので、このあたりは混戦になるだろう。明日の予選ではコンマ1、2秒の差で順位が3つ、4つ変わってくるだろう」

次の記事
弱気発言はデタラメ? ”本命候補”のベッテル、メルセデスの速さに驚き

前の記事

弱気発言はデタラメ? ”本命候補”のベッテル、メルセデスの速さに驚き

次の記事

アルボン、FP1でのクラッシュ原因は”経験不足とタイヤへの理解”

アルボン、FP1でのクラッシュ原因は”経験不足とタイヤへの理解”
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント 第1戦オーストラリアGP
サブイベント 金曜日 フリー走行2回目
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble
Be first to get
breaking news