リカルド困惑「スパのすべての場所で、タイムを失っている」

シェア
コメント
リカルド困惑「スパのすべての場所で、タイムを失っている」
2018/08/26 11:55

レッドブルのダニエル・リカルドは、ベルギーGPの予選で”ほとんどの場所”でタイムを失ったと語り、その状況に困惑していると語った。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、8位に終わったベルギーGPの予選結果に困惑。”ほとんどの場所”でタイムを失っており、その理由が分からないと語った。

 ベルギーGPの予選は大混乱となった。特にQ3でそれが顕著だった。セッションスタート直前にサーキットには雨が降ったが、少しでも乾いた路面でアタックしようと、各車がグリーンシグナル点灯前にピットレーン出口に列を作った。いずれのマシンも、当初ドライタイヤを履いてコースに飛び出していった。しかし雨脚が強まり、各車すぐにピットインして、インターミディエイトタイヤに交換せざるをえなかった。

 このコンディションの中で最大の恩恵を被ったのはレーシングポイント・フォースインディアの面々だったが、逆にレッドブルには流れが向かず、結局グリッド4列目からスタートすることとなった。

「僕らはこの週末、ずっと遅かった。時には、ほぼ1秒差だ。本当になぜなのか分からない」

「奇妙だった。僕のラップはうまくいった。コースを外れることもなかったし、狂ったようなドライビングをしたわけじゃない」

「僕らはただ、なぜだか理解できないんだ。ラインを横切った時、かなり良いラップタイムを見れるだろうと期待していた。しかしそうじゃなかった。僕はちょっと混乱した」

「僕らは早めに2セット目のアタックにいった。しかしコンディションが良くなった2回目のセットでさえ、まだマックスに0.4秒遅れだった」

「だから、何かが少し足りないんだと思うけど、僕らはまだその理由を理解できていない」

 リカルドは、1周どの区間でも、タイムを失っていたと語った。しかしそれは、特に第2セクターで顕著だった。その理由として考えられるのは、ダウンフォースの欠如である。レッドブルはパワー不足を補うため、非常に薄いリヤウイングを装着していた。

 レッドブルのふたりのドライバーは、いずれも同じような空力セットアップを選択している。リカルドはフリー走行3回目で、より大きなダウンフォースを発生するパッケージを試したが、結局それを実戦で採用することはなかった。

「第2セクターは良いフィーリングだったが、第1セクターと第2セクターは遅かった」

 ハイダウンフォース仕様の空力パッケージについて、そうリカルドは説明した。

「レースやリスタートを考えれば、その選択は危険だろう」

「僕はその選択肢はなかったと感じている」

次の F1 ニュース
ベッテル、ポルシェ919Hybridからスパのレコード記録を奪う

前の記事

ベッテル、ポルシェ919Hybridからスパのレコード記録を奪う

次の記事

ライコネン、来季もフェラーリ残留か。ルクレールはザウバーorハースに?

ライコネン、来季もフェラーリ残留か。ルクレールはザウバーorハースに?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
記事タイプ 速報ニュース