戦いから”逃げた”わけじゃない! リカルド、レッドブル代表に反論

シェア
コメント
戦いから”逃げた”わけじゃない! リカルド、レッドブル代表に反論
執筆:
2019/03/05 3:01

ダニエル・リカルドは、レッドブルを離脱した理由について、マックス・フェルスタッペンとの戦いから逃げ出したわけじゃないと語った。

 ダニエル・リカルドは、レッドブルを離れてルノーに移籍した理由について、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表の「戦いから逃げ出した」というコメントに反論した。

 Netflixが今後公開する予定の、2018シーズンのF1ドキュメンタリー撮影において、ホーナーはリカルドが「正しいキャリア選択」をしたかどうか疑問視するコメントをしたようだ。

『The Telegraph』によれば、あるエピソードの中でホーナーは「私の予想では、彼が戦いから逃げたのだ」と述べたという。

 リカルドは、レッドブルでのチームメイトだったマックス・フェルスタッペンと良好な関係を築いていた。しかし昨年のアゼルバイジャンGPで両者は接触。その後のチームの対応を不満に感じたリカルドは、それがレッドブル離脱における”ピースのひとつ”だったと認めている。

 また、2018シーズンはフェルスタッペンの方が力強いシーズンを送ったものの、それはリカルドに数多くの信頼性トラブルが発生したためでもある。

『EFTM』のインタビューで、リカルドはホーナーの「戦いから逃げている」というホーナーのコメントについて、次のように答えた。

「まず、その意見を持っているのは彼だけではないと、僕は確信している。そこから人々がどう考えているのか、何が言いたいのか見えてくる」

「誰もがそれぞれの意見を持っている。それは、何もないところから出てくるようなものではない。そうは事実だ。でも、僕は(ホーナーのコメントを)はっきりと否定する。真実じゃない」

「マックスは問題ではなかった。僕自身に関して、多くの理由があったんだ」

「その理由のひとつは僕も何回か話しているし、分かってくれる人もいる。僕は5年間レッドブルにいたんだ。彼らは4年連続でワールドチャンピオンになって、その直後に僕が加入した」

「振り返ると1年目から5年間、僕はタイトルを獲得するつもりだった。それが起こる可能性はあったんだ」

「でもそうはならなかったし、チャンピオンに近づくこともなかった。それについて苦々しく思っているわけではないけど、それが事実だ」

 当初、メルセデスかフェラーリへの移籍を狙ったリカルドだが、シートに空きは生じず。それでもレッドブル離脱を決めた彼は、ルノーに加入した。

 ワークスチームとはいえ、まだ再建途中のルノーがすぐに優勝争いに加わることはできないだろう。それでも、リカルドはホンダとの提携を決めたレッドブルが”立ち往生”する方が、移籍失敗よりもリスクが大きいと感じたと明かしている。

 EFTMとのインタビューで、リカルドは「僕はあの環境でイライラする可能性が高かった」と繰り返し語った。

「いつも不幸で腹を立てているような人物にはなりたくない。『2013年にレッドブルに加入していたら……』なんて思いたくないんだ」

「だからマックスが(移籍の)原因ではない。でも、一部の人たちがそう考えているのは理解している」

次の記事
ホンダPUのパッケージは積極的すぎた? 開幕戦に向け一部修正へ

前の記事

ホンダPUのパッケージは積極的すぎた? 開幕戦に向け一部修正へ

次の記事

“ファンキー”で“芸術的”? リカルド、新色ヘルメットをテスト

“ファンキー”で“芸術的”? リカルド、新色ヘルメットをテスト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む