F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
01 時間
:
29
:
25
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
22 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
28 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
35 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
49 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
56 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
77 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
112 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
126 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
140 days

近づくF1再開。リカルド、長期休暇明けのレースで“カオス”の発生を予測

シェア
コメント
近づくF1再開。リカルド、長期休暇明けのレースで“カオス”の発生を予測
執筆:
, Grand prix editor
2020/06/01 2:57

ルノーのダニエル・リカルドは2020年のF1が再開されたときに、“長期休暇”から戻ってきたドライバーたちによって“混乱”が生まれることを予想している。

 2020年のF1が新型コロナウイルスの影響によって中断されて久しいが、5月に入ってからは徐々に再開に向けた動きが活性化してきた。

 F1は7月5日からオーストリアでシーズンを再開させることを目指しており、実際オーストリア政府は計画を承認。これにより3月から延期の続いていたF1が再開に向けて大きく前進した。

 計画通りに7月にレースが再開されることになった場合、ドライバーにとっては2月中旬のプレシーズンテストから4ヵ月ぶりのF1マシン搭乗となる。長期休み明けにスピードを取り戻すことの難しさについてドライバーからは様々な見解が示されているが、ルノーのダニエル・リカルドは“ある種の混乱”が起こる可能性があると考えている。

「コントロールされた形であればいいんだけどね」と、リカルドはBBC 5 Liveに対して語った。

「“カオス”と言ったけど、どこかのクルマを参考にしているわけじゃなくて、単にブランクや感情、興奮や熱意といったものについて言っているんだ」

「みんな準備はできていると思う。ただアドレナリンがとても出ているドライバーもいれば、そうでないドライバーも居るだろうと思う」

「それによって大胆なオーバーテイクも起きるだろうし、判断を誤ることもあるだろう。そういったものが少しずつ見られると僕は思っている」

 リカルドは今季限りでルノーを離れ、来季はマクラーレンに移籍することが決まっている。来年のチームメイトはまだ非常に若いランド・ノリスとなるが、そうした若いドライバーの中には、長期間の休みを経てのレース再開に適応するのに時間がかかる者もいるかもしれないと彼は語っている。

「もしこれがF1での最初の1、2年だとして、まだ完全に適応しきれていなかったとしたら、(再開後の)適応に時間がかかるだろう」

「F1での最初の数回のウィンターテストでは、1日目はいつもシステムに刺激を受けているように感じていた。キャリアを重ねるにつれて、そうしたショックは少なくなっていった」

「経験のおかげで身体のほうは十分整えられているから、大丈夫だろう。ルーキー、そして1年目や2年目だと、もうちょっと……といった感じかもしれない」

 

Read Also:

次の記事
2週連続開催の際には”リバース”予選レース開催? メルセデス”断固”反対

前の記事

2週連続開催の際には”リバース”予選レース開催? メルセデス”断固”反対

次の記事

ハミルトン、世界で広がる人種差別の抗議活動に「F1界がもっと反応すべき」と警鐘

ハミルトン、世界で広がる人種差別の抗議活動に「F1界がもっと反応すべき」と警鐘
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Luke Smith