F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

リカルド、ヒュルケンベルグを賞賛「彼にはフェルスタッペンに似た”技術”がある」

シェア
コメント
リカルド、ヒュルケンベルグを賞賛「彼にはフェルスタッペンに似た”技術”がある」
執筆:
2019/09/05 22:11

ルノーF1のダニエル・リカルドは、今季のチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグを「フェルスタッペンに似たテクニックを持つ」と賞賛。来季以降もF1に残って欲しいと希望を語った。

 ダニエル・リカルドは昨シーズン限りでレッドブルを離れ、今季からルノーに加入した。そのルノーでリカルドは、ニコ・ヒュルケンベルグと組むことになった。

 しかしルノーは来季から、エステバン・オコンを起用することを決定。ヒュルケンベルグは今季限りでルノーを離れることになった。

 ヒュルケンベルグの離脱について驚いたかと尋ねられたリカルドは、「ああ、その通りだ。これまで、彼がチームを離れるという兆候はなかった」と語った。

「彼の(今後の)計画は、まだ定かではない。でももし彼がF1でレースを続けていきたいのなら、彼が何かを見つけることができるよう願っている。彼は共に働きやすい存在だったと僕は言いたい。僕らは、自分たちがすべきことをやっただけだ」

「彼には豊富な経験があり、そしてこの世界に慣れている。そして一種の真面目な存在だ。『僕らはここにいて、そしてレースをするんだ』というようなね。そして、チームにできるだけ多くの情報をもたらそうとしている」

「彼とはリラックスしたアプローチを保つことができ、今までとても働きやすかった」

 リカルドはシーズンが終わるまでにまだヒュルケンベルグから学ぶべきことがあると信じており、そして互いに激しく競い合うことができることを期待している。

 ヒュルケンベルグは欧州F3、GP2と連続でチャンピオンに輝くなど、ジュニアフォーミュラで輝かしい成績を残してF1へ昇格してきた。しかしF1では優勝を狙えるマシンを手にしたことはなく、表彰台も未だに獲得できていない。昨年獲得したランキング7位は、彼にとってF1で最高の成績だ。

 来季のヒュルケンベルグにとって最高かつ最も現実的な選択肢は、ハースF1に加入することであると見られている。しかし中団グループであるのは間違いなく、勝利はおろか表彰台も獲得できぬまま、彼のF1キャリアが終わる可能性もある。

 リカルドはヒュルケンベルグを一流のドライバーだと評価している。

「彼はジュニアフォーミュラでは全てのタイトルを手にした。しかし、F1でトップの座を手にしたことは一度もない。恐らくフラストレーションが溜まるだろうし、不満の原因にもなっただろう」

 そうリカルドは語る。

「しかし彼は今年、本当に良いパフォーマンスを発揮している」

「今、チームに加わった僕に彼が勝つのなら、それは彼がレースに勝つことができるドライバーだということだ」

「だから彼は今年、自分のベストを尽くすだろうと思う。そして、彼が自分自身にできると信じていることを、人々に思い出させることになるはずだ」

「最初の数レースで、学んだりクルマとうまくやっていくために必要なことがまだかなりあるということを目にした」

「だから、彼が最初の数戦でかなり早くマシンの性能を引き出した時、僕は驚かなかった。そして僕は『ああ、やるべき仕事がまだあるな』と感じることがあった。それ以降、僕は勢いを取り戻そうとし、そして良くなったり悪くなったりしたんだ」

「しかし彼は確かに速い。テクニックという面では、いくつかの部分でマックス(フェルスタッペン/レッドブル)に似たような部分があるんだ」

Read Also:

次の記事
ベッテルは“No.2ドライバー”じゃない! フェラーリ元CEOが擁護

前の記事

ベッテルは“No.2ドライバー”じゃない! フェラーリ元CEOが擁護

次の記事

クビアト、”元チームメイト”アルボンのレッドブルデビュー戦高評価に疑問

クビアト、”元チームメイト”アルボンのレッドブルデビュー戦高評価に疑問
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中 , ニコ ヒュルケンベルグ 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell