F1 モナコGP

リカルド、F1モナコGP予選は悔しい13番手「トップ10圏外からのスタートは痛い」僚友、8番手の角田裕毅に差つけられる

RBのダニエル・リカルドは、F1モナコGPの予選は13番手でQ2敗退。決勝に向けて「トップ10圏外からのスタートになったのは痛い」と語った。

Daniel Ricciardo, AlphaTauri VCARB01

 F1モナコGPの予選でRBのダニエル・リカルドは13番手とQ2敗退。舞台となるモンテカルロ市街地サーキットはオーバーテイクが非常に難しいことから、決勝に向けて「トップ10圏外からのスタートになったのは痛い」と語った。

 今季が2022年シーズン以来のF1フル参戦となったリカルド。シーズン開幕前はレッドブル・レーシング復帰もあるかと噂されたが、ここまでチームメイトの角田裕毅に太刀打ちできていない。中国GP、マイアミGPとリカルドは復調の兆しを見せたものの、前戦エミリア・ロマーニャGPと今回のモナコGPでは再び角田に水をあけられている。

 モナコGPの予選でも、リカルドが予選Q2敗退に終わった一方、角田はQ3進出を果たして8番グリッドを獲得。入賞圏内から決勝レースを迎えることとなった。

 リカルドはグランプリ初日から予選日にかけて後退してしまったとの考えを語った。

「タフな1日だった。ここモナコは予選が重要で、明日の決勝でトップ10圏外からスタートするのは痛いね」

 リカルドはチームを介してそう語った。

「初日は良い位置につけていると感じていたしたし、そこからまだまだだと思っていた。だから今日を迎えるにあたり、間違いなくワクワクしていた」

「でも残念ながら、少し後退してしまった感じだ。自分の走りにガッカリした訳じゃないけど、ただ単に必要なところで最大限の力を出しきれなかった」

「マシンにトリッキーなところもあって、少し苦戦したけど、大きなミスをした訳じゃない」

「個人的には、1周目にタイヤを上手く使いこなすのが難しかった。ペースを上げることができても、他のドライバーほどタイムを上げることができなかった」

「予選では何度かこの位置につけている。確実に、この順位で状況が楽になる訳じゃないけどね」

「悔しいけど、チームと一緒にいくつかのことを良く理解して、決勝に向けて調子を上げていきたい」

 

前の記事 「最後はパンクしていたよ!」ガスリー、限界アタックで今季初の予選Q3進出。決勝では角田裕毅、アルボンとのバトル予想
次の記事 ハースF1モナコGPの予選でリヤウイング規定違反で失格。一体何があったのか? 小松礼雄代表「思い込みがあった……二度と起こしてはいけない」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本