F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
Race まで
19 時間
:
57
:
06
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

そこに愛はなかった……リカルド、レッドブルとの契約交渉について語る

シェア
コメント
そこに愛はなかった……リカルド、レッドブルとの契約交渉について語る
執筆:
2019/03/13 7:13

ダニエル・リカルドは、レッドブルとの2019年の契約交渉には「愛がなかった」と感じている。

 昨年限りでレッドブルを離れ、今年はルノーからF1に参戦するダニエル・リカルドは、メルボルンの日刊紙「The Age」のインタビューに応え、古巣に噛み付いた。

 リカルドは昨年の中頃に交渉の席に着いたが、チームメイトであり、既に長期契約を結んでいたマックス・フェルスタッペンが明らかに優先されていたこともあって、レッドブル離脱を決めた。

「物理的なものは何もなかった。例えばマックスが僕より良いフロントウイングを使っていた、といったことはないだろう」とリカルドは言う。

「ただ彼は非常に早くチームに溶け込み、大きな契約を結んだ。僕はチームがこう考えているように感じた。『マックスは君よりもチームを強く信頼してくれている。だから君との交渉には時間がかかる』」

「おそらくレッドブルは、僕が他の場所に行くつもりはないと考えていたのだろう。ただそれは間違った考えだ」

「おそらくそこに愛はなかった」

 さらにリカルドは、昨年のアゼルバイジャンGPでの同士討ちをチームが喧嘩両成敗としたことも、彼の決断を後押ししたと言う。

「あの一件は僕の決断の一因になった。チームは僕らふたりの過失とみなしたが、クラッシュしてすぐ、僕はこう思った。『奴(フェルスタッペン)は批判されるべきだ。本当に最悪だ』とね」

「もし僕らが逆の立場、つまり僕がブレーキングエリアで2度動いて、そこにマックスが追突していたならば、同じように扱われていただろうか?」

「いろんなことがうまくいかなかった」

次の記事
フェラーリの武器は”シェルとの関係”? 燃料パートナーが開発に関与

前の記事

フェラーリの武器は”シェルとの関係”? 燃料パートナーが開発に関与

次の記事

DAZNで2019年のF1配信決定。その楽しみ方は? 2ヵ月無料キャンペーンも実施

DAZNで2019年のF1配信決定。その楽しみ方は? 2ヵ月無料キャンペーンも実施
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中 , ルノーF1チーム
執筆者 Andrew van Leeuwen