”コレクター”のリカルド、ベッテルとのヘルメット交換を熱望「最大限の敬意の表れ」

ダニエル・リカルドは、元チームメイトであるセバスチャン・ベッテルとのヘルメット交換を熱望しているようだ。

”コレクター”のリカルド、ベッテルとのヘルメット交換を熱望「最大限の敬意の表れ」

 ルノーF1チームのドライバーであるダニエル・リカルドは、ライバルのヘルメットを熱心に収集しているコレクターであり、これまで何度もヘルメットを交換してきた。

 第11戦アイフェルGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)がミハエル・シューマッハーが持っていたF1史上最多勝利記録に並んだ際、シューマッハーが使用していたヘルメットがハミルトンに贈られた。これを見たリカルドは、「今までF1で見てきた中で最高の贈り物のひとつ」だと語っている。

Read Also:

 そんな彼がまだヘルメットを交換したことがなく、交換したいと思っている相手は、2014年にレッドブルでチームメイトだったセバスチャン・ベッテルだという。

 どのドライバーのヘルメットが一番欲しいかと訊かれたリカルドは、「正直に言うとセバスチャンだね」と答えた。

「セバスチャンとはまだ交換をしたことがない。彼とはチームメイトだったし、交換できたら素晴らしいね」

「もし彼が今年でF1を引退してしまうんだったら急がなくちゃいけなかっただろうけど、彼はもう少しF1にいるみたいだから、時間はあると思う。まだ彼に話をしていないから、聞いてみないとね!」

 彼はこれまでのキャリアで、いくつか良い贈り物をもらっているというが、中でも特にヘルメットコレクションはお気に入りのようだ。

「良い宝物がいくつかあるよ」

「トロロッソを離れた時は、みんながステアリングホイールをくれたんだ。本当に素晴らしいと思ったよ。それから、レッドブルはダートバイクをくれた。これも良かったね」

「ヘルメットのコレクションはこれからだ。毎年いくつか交換していこうと思う。それがクールなんだ。自分のヘルメットをコレクションしておくのも好きだけど、他のドライバーと交換するのも好きなんだ」

「ドライバーにとって、それは最大限の敬意の表れだし、いつも楽しいよ。だから今年は誰と交換するか考えている。でもヘルメットは場所を取るから、保管するために適切な部屋を用意しなくちゃいけない。でも、それは嬉しい悩みだよね」

Read Also:

シェア
コメント
大苦戦のフェラーリ。今の目標は「2021年定期的に表彰台争いする」こと
前の記事

大苦戦のフェラーリ。今の目標は「2021年定期的に表彰台争いする」こと

次の記事

F1開催は、サウジの未来に好影響を与えるか? 人権団体からの批判にF1関係者反論

F1開催は、サウジの未来に好影響を与えるか? 人権団体からの批判にF1関係者反論
コメントを読み込む