F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
7 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
14 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
35 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
49 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
63 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
91 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
98 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
112 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
119 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
133 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
147 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
154 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
168 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
182 days

”準備が整った”リカルド、今週にもようやくレッドブルと契約を延長?

シェア
コメント
”準備が整った”リカルド、今週にもようやくレッドブルと契約を延長?
執筆:
翻訳:: 青山 悦子
2018/07/23 6:44

レッドブルのホーナー代表は、今週の初めにもダニエル・リカルドとの契約をまとめたいと話した。

Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing with engineers
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14, spins during practice
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing
Daniel Ricciardo, Red Bull Racing RB14

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、今週の初めにはダニエル・リカルドとの契約をまとめられるようにしたいと語った。

 リカルドとレッドブルの交渉は、数カ月にわたって続いている。しかし先週、メルセデスがルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスとの契約延長を発表したため、来年リカルドはメルセデスに移籍することができなくなった。

 ドイツGPが行われたホッケンハイムでは、ホーナーはすぐにでも状況を解決したいと話しており、リカルドもそれに同意していた。

 サマーブレイク前に彼の将来を確定させることは可能なのかとmotorsport.comが尋ねたところ、ホーナーは「より現実味を帯びてきている、と言えるだろう」と話した。

「全員の状況がかなり明確になり始めているようだ。もちろん私はレースに集中するが、来週(ドイツGP明け)の初めには全てをまとめられるようにしたい」

 契約へのサインに向けて動き出したのはリカルド自身の選択だったのかと訊くと、彼は「それが大部分を占めていると言えるだろう……大部分はそうだ」と答えた。

 メルセデスがふたりのドライバーと契約をしたことで、ドライバー市場においてリカルドの契約は重要なもののひとつとなった。

 レッドブルとの契約を有したまま”レンタル移籍”という形でルノーへ移籍したカルロス・サインツJr.は、9月30日まではレッドブルとの契約が有効な状態だ。しかしリカルドがレッドブルとの契約を延長し、レッドブルにサインツJr.のシートがなくなった場合、サインツJr.はフリーエージェントになると見られている。

 つまりリカルドの状況が安定すれば、順番にいくつもの物事が決まっていくということだ。

 これにより、レッドブルはリカルドの契約発表のアナウンスを遅らせているのではないかと考えられていた。なぜなら、これらのプロセスを進め、ライバルであるルノーのラインアップ確定の手助けをしても、レッドブルには何のメリットもないからだ。

 リカルドは契約にサインをする用意が整っていること、そしてその契約に満足できるはずだろうということをほのめかした。

「僕はぜひとも、すべてにサインをし終えてサマーブレイクを迎えたい。もし来週それにサインできなかったとしても、(サマーブレイク中も)自分が何をしたいのかということをわかっていれば、それで十分に満足だ」

「僕らがそれを紙に書いたら……じきにわかるだろう。僕たちにはいくらか時間が必要だ」

 先週発表されたボッタスとメルセデスの契約は1年であり、2年目はオプションとなっていた。つまりリカルドが2020年にメルセデスへ移籍する可能性がまだ残っているが、それは今回の彼とレッドブルとの契約に何か影響を及ぼしたのかと尋ねると、リカルドは曖昧な態度で「たぶん」と答えた。

「だけど、ボッタスには目を向けていない。普通はいくらかかわることもあるだろうけど、それはチーム内でもそうだと思う。だから、どうなるか見てみよう」

「正直に言えば、僕はまだ何も合意していない。”話をやめよう”という他に言えることはない」

次の記事
アロンソ、苦戦続くバンドーン擁護「ライコネンよりも僕のレベルに近い」

前の記事

アロンソ、苦戦続くバンドーン擁護「ライコネンよりも僕のレベルに近い」

次の記事

マイアミGP開催契約、住民の反対により9月まで決定が先送り

マイアミGP開催契約、住民の反対により9月まで決定が先送り
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper