F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

ルノーF1の”ポジティブ”な予想には、データの裏付けアリ?

シェア
コメント
ルノーF1の”ポジティブ”な予想には、データの裏付けアリ?
執筆:

ルノーF1のダニエル・リカルドは、フランスGPに投入される予定のアップグレードによって大きく前進できるというチームの期待には、データの裏付けがあると語る。

 今シーズン躍進を狙っていたルノーF1チーム。しかしシーズン序盤は厳しいレースが続き、さらにパワーユニットの信頼性が確保できなかったため、出力を落としてレースすることを強いられた。

 しかし今ではその信頼性の問題も修正され、今月行われるフランスGPには、アップデートが投入される予定だ。このアップデートによって、中団グループをリードすることができると、チームは自信を見せている。

 今季からルノーに加入したダニエル・リカルドは、アップデートによってポジションが上がることをやみくもに信じているわけではない。しかしながら、チームの首脳陣の期待は、単なる楽観視ではないと主張している。

「その背景には、実質的なモノがある。それを裏付けるいくつかのデータがあるんだ」

「しかし同時に、あまり先走りしないようにしたい。中国の予選で7位と8位を手にした時のように、『これが僕らがいるべき場所だ。そしてここから(ギャップを)少しずつ削り取っていく』というようなことは言いたくはないんだ」

「それ以来、それほど簡単ではなかった。しかし実際には、中団グループはルノーが昨年経験したよりも激戦だ」

「多くのチームが強くなった。だから、一緒に走れないところからスタートすることになったと思う。しかし、彼らの前にいけるようにしたいと思う。現実的には、昨年ほど簡単じゃないだろう。そして、少し時間がかかる。でもポジティブな方向性を少しずつ示していると思う」

 リカルドのチームメイトであるニコ・ヒュルケンベルグも、マネージングディレクターのシリル・アビテブールが前向きなコメントを発していることに励まされていると語る。とはいえ、真の評価を下せるのは、コース上での結果が出た時だけだと付け加えた。

「ポール・リカール(フランスGP)はもうすぐだ」

 そうヒュルケンベルグは語った。

「僕らは一生懸命働いている。そして今後数戦の間にもたらされるモノがかなりある」

「もし彼(アビテブール)がそう感じているのなら、それは心強いし、ポジティブなことだ。でも僕は、それをタイムシートの順位で確認したい。ポール・リカールでどんなところに立つことになるのか、見てみることにしよう」

ウイリアムズ、中盤戦のアップデートでマシンの“本当の性能”を見極める?

前の記事

ウイリアムズ、中盤戦のアップデートでマシンの“本当の性能”を見極める?

次の記事

公表が近づく2021年新規則……将来のマクラーレンを形作る“重要な”指針に?

公表が近づく2021年新規則……将来のマクラーレンを形作る“重要な”指針に?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第8戦フランスGP
ドライバー ダニエル リカルド , ニコ ヒュルケンベルグ
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble