今年のルノーは積極的に行く! シーズン中の開発方針を転換

シェア
コメント
今年のルノーは積極的に行く! シーズン中の開発方針を転換
執筆:
協力: Jonathan Noble
2019/03/08 9:16

ダニエル・リカルドは、ルノーが2019年にマシン開発の方針を転換したことで、上位チームとの差を埋めることができると考えている。

 ルノーF1チームは昨年、コンストラクターズランキングで4位に入り、いわゆる3強を除く中団チームの中でトップに立つという目標を達成した。しかし、シーズン後半にやや失速したため、その時点で2019年型マシンの開発に集中していたのではないかと思われていた。

 ルノーで3年目のシーズンを迎えるニコ・ヒュルケンベルグは昨年の日本GPにおいて、「マシンが進歩していないのは間違いない」と語り、チームがシーズン終盤、2019年型マシンの開発に注力していたことを認めた。

 新加入のダニエル・リカルドは、今年の開発は「良いものになると期待している」と述べた。

「今年のアップグレードに関してはこれまでと違った方針になると思う」

「何のパーツをどのタイミングで持ち込むかといった計画は変わるだろう。ただ僕はチームのプロセスを信用している」

 バルセロナで行われたプレシーズンテストのタイムを見る限り、中団グループはかなり拮抗している。そのため、シーズン中の開発がチャンピオンシップの順位を左右すると言っても過言ではない。

 ルノーは今年、シーズン中の開発を円滑に進めるために、エンストンにあるファクトリーを強化した。

 テクニカル・ディレクターのニック・チェスターは、今年導入された新しいレギュレーションがニューマシンの仕上がりに良い影響を与えたと語る。

「2019年のレギュレーション改定によって、多くの道が開かれた」とチェスターは言う。

「新しいフロントウイング、ブレーキドラム、バージボードなどは、開発の余地がたくさんある」

「我々は風洞実験と空力開発プログラムに多くの労力を割いている。だからできる限り早くそれを完了させて、得たものをマシンに還元するつもりだ」

 リカルドは、シーズン中の躍進にはシャシーだけでなくパワーユニット(PU)の進歩も必要だと考えているが、既にルノー製PUはオフシーズンの間に“かなりの”前進を果たしたようだ。

「ルノーPUが遅れを取り戻してきていることは言うまでもない。これはチームにとってある意味でエキサイティングなことだ」とリカルドは語る。

「僕たちは常に他チームより進歩していると感じている」

「だから僕はこれからも楽観的であり続けるし、僕たちは開発によって(上位チームとの)差を埋め続けるだろう」

次の記事
ホンダと組み、エイドリアン・ニューウェイのやる気が”急上昇”

前の記事

ホンダと組み、エイドリアン・ニューウェイのやる気が”急上昇”

次の記事

F1、今季からファステストラップ記録のドライバーにポイント付与へ?

F1、今季からファステストラップ記録のドライバーにポイント付与へ?
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Valentin Khorounzhiy
Be first to get
breaking news