F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
16 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
23 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
30 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
44 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
51 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
72 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
100 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
107 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
135 days

「失うものは無い」リカルド、過密スケジュールのF1で“リスク取る”姿勢

シェア
コメント
「失うものは無い」リカルド、過密スケジュールのF1で“リスク取る”姿勢
執筆:
, Grand prix editor
2020/06/30 6:54

ルノーF1のダニエル・リカルドは、7月から開幕する2020年シーズンを通じてチームがよりリスクを取ることを期待しており、中団チームにとって失うものは少ないと主張した。

 2020年のF1は新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていたが、いよいよ7月5日にオーストリアで再開を迎える。

 現在発表されているスケジュールは欧州での8レースのみとなっているが、F1は今後さらにレースを追加することに自信を見せている。ただ、最終的には当初予定されていた年間22戦より少なくなるだろうと考えられている。

Read Also:

 短縮されたシーズンはチーム、そしてドライバーにとってリカバリーのチャンスが少なくなるため、リタイアやミスは大きなリスクとなりうる。だがルノーF1のダニエル・リカルドは変更された予定を利用するためにリスクをとることも手だと考えている様子だ。

「(今季への)アプローチは、シーズンの早い段階で勢いを得ることだ」

 リカルドはSky Sports F1にそう語った。

「中団チームの僕らにとって、リスクと報酬を見る限り失うものは少ないと思う」

「今年何レースあるかはわからないが、8戦、12戦そして15戦でも、うまくいけばチャンスを掴んで大きな結果を残せると思う」

 昨年、ルノーはチャンピオンシップを5位で終えた。彼らはトップ3チームに追いつくことを目指しているが、まだそこには食い込めず、マクラーレンやレーシングポイントを相手に中団での戦いに飲み込まれている。

 リカルドは中団での争いが2020年シーズンも続き、より接戦となると予想。ルノーによる冬季テストの分析もそれを裏付けていると語った。

「僕らのチームはどこに位置しているのか、そしてトップから最後尾までどのくらいの広がりがあるかを分析すると、少なくとも僕らの予想では中団争いはコンマ1秒を争うものだったことを覚えている」と、リカルドは言う。

「それがテストから得た知見だ。非常に小さなマージンの中に4〜5チームがひしめき合っていると思う」

「トップチームとの差を縮めたと言いたいけど、もちろんメルセデスたちのようなチームを少なくともシーズン序盤に追い上げるのはかなり難しいだろうね」

「中団にはレーシングポイント、マクラーレンさらに他のチームもいて、とてもタイトな戦いになるだろう」

「僕らはその“どこか”に居るだろう。でも誰がトップに立つかという点では、今の時点では丁か半か、みたいなものだ」

 ルノーはF1開幕に向け、6月中旬に開幕戦の舞台であるレッドブルリンクでテストを実施。2月のプレシーズンテスト以来のF1マシンでの走行にリカルドも参加した。

Read Also:

 リカルドは長期休暇を経てのテストが、F1マシンでの走行のリズムを取り戻すだけではなく、昨年ポイント獲得に失敗したトラックでの学習という面でも役に立ったと語っている。

「数週間後のものと全く同じ(マシン)ではないにしても、良い機会だったよ」と、リカルドは2018年用のマシンを走らせたテストを振り返っている。

「トラックに戻ってきただけではなく、錆を取り除いてチームと再び交流するのは良かった。それからレースの観点からも、臨戦モードに戻り始めることができたからね」

「この数ヵ月、身体トレーニングはしてきたけど当然ながらF1マシンは走らせていない。そこから状態を戻していくのは凄く良いものだった」

「去年のオーストリアGPは僕らにとって最悪のレースだった。でも『まあ僕らにとっては良くないし、シーズンはスロースタートになるだろう』と言うのではなく、ここに戻ってきて、2レース走る機会を得たことをポジティブに捉え、そして去年のことから学んで改善するチャンスでもあると思っている」

 
 

Read Also:

 

Related video

次の記事
走るF1をひと目見たい……英国警察がファンに対し、サーキットに近づかないよう警告

前の記事

走るF1をひと目見たい……英国警察がファンに対し、サーキットに近づかないよう警告

次の記事

F2に5人を送り込むも、F1に空席なし。“人材過多”のフェラーリ育成が抱える問題

F2に5人を送り込むも、F1に空席なし。“人材過多”のフェラーリ育成が抱える問題
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Luke Smith