僕がチームに良い影響を与えた……リカルド、ルノーの再浮上へ希望捨てず

シェア
コメント
僕がチームに良い影響を与えた……リカルド、ルノーの再浮上へ希望捨てず
執筆:
2019/05/23 3:46

ダニエル・リカルドは、今季苦戦しているにも関わらず、自身がルノーF1チームに良い影響を与えてきたと考えており、モチベーションは決して落ちていないという。

 ダニエル・リカルド(ルノー)は、レッドブル時代の5年間で7勝をあげ、2019年からルノーへと移籍した。

 しかしながら今季のルノーはパフォーマンスと信頼性が低く、リカルドは5レースを終えた段階で入賞1回、ランキング12位に甘んじている。

 昨年表彰台の頂点に立ったモナコに戻ってきたリカルドは、チームが苦戦していることについて尋ねられたが、この経験を楽しんでいると語った。

「モチベーションは決して落ちていない」

「もう少し時間がかかるだろう。僕はできる限りのことをやっている」

「チームは学び、成長しようとしている。全部僕のおかげだと言うわけじゃないけど、少なくとも僕の(与えた)影響はとてもポジティブなものだ」

「僕は楽しんでいる。とてもね。そしてもっといい結果を求めている。うまくいけばこの素晴らしい(レース)ウィークエンドが、物事をうまく運び始めるだろう」

 リカルドは第3戦中国GPで7位に入賞したが、現時点でこれが2019年唯一の入賞となっている。残る4レースの内、完走したのは第5戦スペインGPのみであり、他3レースは全てリタイアとなっている。第4戦アゼルバイジャンGPでは、ダニール・クビアト(トロロッソ)に衝突し、3グリッド降格ペナルティを科せられた。

 ルノーはチームとしても良い結果を残せておらず、コンストラクターズランキングで8位となっている。ただ、4位につけているマクラーレンとは10ポイント差となっており、1レースでの逆転も可能だ。

「それはまだプロセス(の途中)なんだ」とリカルドは付け加えた。

「僕は何事にも驚いていない」

「確かに僕たちは、今よりももっと良い結果を望んでいた。正直、全員がそれを望んでいた」

「10位争いで苦戦するのではなく、7位をもっと多く獲得できれば最高だろう。ただ、表彰台争いだとかそういったことは期待できない」

次の記事
F1メカ解説|レッドブル、モナコGPに開口部を排除したノーズを投入

前の記事

F1メカ解説|レッドブル、モナコGPに開口部を排除したノーズを投入

次の記事

フェラーリ、モナコGPでハースとアルファロメオにも新型エンジン供給へ

フェラーリ、モナコGPでハースとアルファロメオにも新型エンジン供給へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第6戦モナコGP
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む