F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
23 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
37 days

レッドブル時代を思い出す……リカルド「ルノーは自信を持ち始めた」

シェア
コメント
レッドブル時代を思い出す……リカルド「ルノーは自信を持ち始めた」
執筆:
2019/06/21 3:17

ダニエル・リカルドはルノーの前戦での力強い走りと結果が、“チームに火をつけ”、自信をもたらしていると述べた。

 ルノーのダニエル・リカルドは、前戦カナダGPで力強い走りを見せ、予選で4番手を獲得すると、決勝レースで6位入賞を果たした。チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグも7位入賞を果たしたことで、チームはコンストラクターズランキングで5位に浮上することができた。

 そして、ルノーの母国GPとなる第8戦フランスGPでは、マシンの大規模なアップグレードが予定されており、さらなる改善の助けとなるはずだ。

 今シーズン序盤、ルノーは信頼性の問題を抱えていた。ただリカルドは、特にダブル入賞を果たしたカナダGPの後からルノーに現れた新たな自信を嬉しく思っているという。

「確かにモントリオールの結果は重要だ」

「それがやってくるのは少し遅かったとは思うけどね。僕らはふたりともQ3に揃って進出することができた」

「僕らは重りをゆっくりだけど開放しはじめたように思う。チームもそうだが、少しの“やったぞ”という実感だけではなく、(チームに)良い感じの火がついたように感じられるんだ」

「チームはこの、初めての成功したリザルトを味わっていたように思う。特に予選だ。予選後のインタビューでは鼻をすすってさえいた……そういったものを見るのは良いものだ」

「言うまでもないが、僕は常にそうありたいと望んでいる。だがエンジニアやメカニック、皆が今回の喜びを話していた。だからとても良かったよ」

 リカルドの前チームであるレッドブルの結果に匹敵するまでの道のりはまだあるが、彼はエンストンの内部で古巣チームが持っていたような“自信”が育ち始めていることを目撃したという。

「それ(自信)が重要なことだと思うし、今それが育ち始めているのを見ている。僕がレッドブルに行ったとき、彼らは既に4年連続でタイトルをとっていた」

「だから僕はそういったレベルの自信を持ってチームに加入した。傲慢さではないんだ。だが、自信というのは時には傲慢さと捉えられることもある」

「だが彼らは、自分たちが最高で、チームのことなら何でも知っていた。だからそういった自信があったんだ。そして僕は、時間は少し必要だろうが、ここ(ルノー)にもそれがもたらされる時がやってくると思っている」

「それはチームが、トラック上の争いや良い結果についての反応する形だともいえる。小さな拍手の代わりに、スイッチが入ったようなものだ。僕は既に序盤数戦からその変化を見ているんだ」

「彼らはもっと大きな結果が実現できると認識し始めたようだ。そしてそれが、ガレージ内により良い雰囲気を作り出すんだ」

次の記事
クビアト、カナダで使ったPUに異常発見……スペック3投入を決断

前の記事

クビアト、カナダで使ったPUに異常発見……スペック3投入を決断

次の記事

F1メカ解説|第8戦フランスGPピットレーン直送便

F1メカ解説|第8戦フランスGPピットレーン直送便
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble