F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

リカルド、オコンとの初チームメイトバトルはひとまず勝利「チームオーダーを求めていたかも」

シェア
コメント
リカルド、オコンとの初チームメイトバトルはひとまず勝利「チームオーダーを求めていたかも」
執筆:

ダニエル・リカルドは、F1シュタイアーマルクGPのレース中、チームメイトのエステバン・オコンを抜けなければ、チームオーダーを求めていただろうと語った。

 ルノーのダニエル・リカルドは、F1第2戦シュタイアーマルクGPの決勝レース中、タイヤ戦略が違うチームメイト、エステバン・オコンを抜けなければ、ポジションを入れ替えるチームオーダーを要求していただろうと語った。

 シュタイアーマルクGPの予選はウエットコンディションで行なわれたため、決勝は全車がスタートタイヤを自由に選ぶことができた。ルノーは5番手スタートのオコンにソフトタイヤを履かせた一方、8番グリッドのリカルドにはミディアムタイヤを装着した。

Read Also:

 レースがスタートすると、6番手のオコンの真後ろにリカルドが続く展開となった。チームメイトの後ろで数周走ったリカルドは、無線でエンジニアに『前のクルマより速い』と伝えたが、ルノーはチームオーダーを出して2台のポジションを入れ替えようとはしなかったため、リカルドは結局、自らオコンをオーバーテイクしなければならなかった。

「僕は一般的な質問をしたんだ」と、リカルドは語った。

「僕はそのグループに詰まっているように感じた。だから『見てよみんな。今は僕の方がかなり速いんだ』と言った。だから僕は『OK、ポジションを入れ替えるか?』と聞かれると思った」

「言うまでもなく、僕たちは戦略が違った。僕はミディアムで、彼はソフトだった。だから通常、戦略が違うのにレース序盤でチームメイトと戦ってタイムをロスするのは賢明ではないと思う」

「だから僕は質問をして、それから彼をパスしたけど、もしそのラップで抜くことができていなかったら、チームオーダーは出ていただろう。ピットウォールではそれが議論されていた。僕たちが戦うことで、お互いタイムロスしていたのが分かったはずだ」

 2019年にルノーに加入したリカルドと、2018年までレーシングポイントに所属し、2020年にルノーからF1復帰したオコンが、トラック上でチームメイトとしてバトルしたのはこれが初めてだ。

「僕たちがホイールトゥホイールでレースをしたのはこれが初めてだと思う」と、リカルドは付け加えた。

「言うまでもなく、僕は特にレース序盤、それほどクレイジーなことをするつもりはなかった。僕たちが異なる戦略を採っていたからね」

「もしそのラップでうまくいかなかったら、正直に言って、クルマの位置を入れ替えるよう頼んでいたと思う。もしチームオーダーがなかったら、少し驚いたと思うけど、とにかくそういうつもりだったんだ」

「特に開幕戦はリタイアだったから、レースに加わりたいと考えていた。レースの早い段階で、チームメイトに”ダイブ・ボム”を仕掛けることにあまり興味はなかったんだ」

 フォースインディア/レーシングポイント時代、チームメイトのセルジオ・ペレスと何度か接触しているオコンだが、リカルドとのバトルを楽しんだと話した。

「ダニエルとレースをするのは良かった」

 オコンはmotorsport.comにそう話した。

「とてもフェアな戦いだったと言える。お互いにスペースを残していたし、それほど攻撃的ではなかった。実際、それは僕がチームメイトとの戦いで望んでいるやり方だ」

「スタート直後から一緒に走っていたし、彼が前に出てからも一緒だった。だからリタイアするまで、僕もやり返すつもりでいた」

「そうだね、いい戦いだった。すべてがうまくいったことに満足していた。僕はもっとたくさんのことを楽しみにしている。これまでのチーム方針はお互いにクリーンにレースをさせることだったと思う。そして、僕たちはそれをやったんだ」

Read Also:

ウイリアムズ、投資家探し進行中。”質の高い出資候補者”から関心も、チーム売却の可能性は残る

前の記事

ウイリアムズ、投資家探し進行中。”質の高い出資候補者”から関心も、チーム売却の可能性は残る

次の記事

ボッタス、終盤のフェルスタッペンとのバトルを語る「思ったより簡単に抜けた」

ボッタス、終盤のフェルスタッペンとのバトルを語る「思ったより簡単に抜けた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper