ルノーPUの”スペックC”に未来を見たリカルド。「移籍は正しかった」

シェア
コメント
ルノーPUの”スペックC”に未来を見たリカルド。「移籍は正しかった」
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/09/25 23:35

リカルドはルノーがスペックCのPUで示した進歩により、来季ルノーへ移籍するという決断が正しかったと確信したという。

 ダニエル・リカルドはルノーの最新仕様パワーユニット(PU)の進歩に満足しており、今季限りでレッドブルを離れてルノーに移籍するという自身の決断が正しかったと確信したようだ。

 2016年にワークスチームとしてF1に復帰したルノーは未だ発展途上にあり、これまで表彰台を獲得できていない。にも関わらずリカルドはレッドブルとの契約延長を断り、ルノーへ移籍することを電撃発表した。

 しかしリカルドはルノーの進歩について楽観的な姿勢をとっている。今年のルノーはシャシー面で進歩している上、リカルドとチームメイトのマックス・フェルスタッペンが共にイタリアGPから使用している、スペックCと呼ばれるPUのアップデートが効果的だったことがその理由だ。

「僕がルノーのPUを使っている間、何回かアップデートがあったけど、それが機能することもあったし、しなかったこともあった。それが現実だ」と、リカルドは語った。

「言うまでもなく、そのアップデートが期待を下回るようなものだったら、不満も溜まるし士気も下がる」

「このスペックCは彼ら(ルノー)の新しい一歩だ。実際に向上しているし、ポジティブだ。今年の残りのレースだけでなく、僕の今後にとっても励みになる」

 実際スペックCのPUについては、レッドブルチーム代表のクリスチャン・ホーナーもその効果を認めている。ルノーへの批判を全くためらわないホーナーだが、アップデートにより確かな進歩があったと賞賛しているのだ。

 リカルドに、イタリアGPで初めてスペックCを走らせた際、パフォーマンス向上が顕著だったかと訊くと、彼はmotorsport.comに次のように答えた。

「パフォーマンス向上はあったし、クリスチャンのコメントが励みになった」

「(ホーナーとルノーの)関係を考えれば、彼がそんなことを言う必要はなかった。でも彼はそうした。それが、パフォーマンス向上があったことの証明になると思う」

「ドライバーとしては、特に予選でそれを感じた。それが、PUを全開にした初めてのタイミングだった。ブレーキングの前に引っ張られるように感じた。正しい方向に踏み出した一歩だと僕は確信している」

 スペックCのPUは、シンガポールでマッピングの問題が発生していた。しかし元FIAの技術代表で、ガーデニング休暇を経てルノーのテクニカルチーフに就任したマルチン・ブコウスキーもリカルド同様、新しいPUの進歩に満足しているようだ。

「我々は勇気づけられている」と、ブコウスキーは話した。

「これが、来年のエンジンのベースになる。来年のエンジンはもっと期待できるものになるだろう。少なくともそうなるよう計画を立てている。このような成果は励みになるし、来年はそれ以上のことをしようというモチベーションにつながる」

次の F1 ニュース
F1日本GPのドライバー別タイヤセット数発表。フェラーリ”勝負”の選択

前の記事

F1日本GPのドライバー別タイヤセット数発表。フェラーリ”勝負”の選択

次の記事

読者の”訊きたい”にガスリーが応える(1)「きっかけはシューマッハー」

読者の”訊きたい”にガスリーが応える(1)「きっかけはシューマッハー」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース