ルノー移籍よりも、ホンダを使う方がリスクがあった……リカルド移籍決断の理由

シェア
コメント
ルノー移籍よりも、ホンダを使う方がリスクがあった……リカルド移籍決断の理由
執筆:
協力: Jonathan Noble
2019/02/18 23:52

ルノーに新加入したダニエル・リカルドは、ホンダPUを搭載するレッドブルに残ることは”リスク”が大きかっただろうと考えている。

 昨シーズン限りでレッドブルを離れ、今季からルノーのワークスチームに加入したダニエル・リカルドは、今季からホンダ製のパワーユニット(PU)を使うレッドブルに残留していたならば、失敗のリスクが大きかっただろうと考えている。

 リカルドがルノー移籍を決断したことは、周囲に驚きを与えた。レッドブルは優勝も狙えるトップチームの一角、対するルノーは、ワークスチームでありながら、先頭集団へ分け入ることを目指している”発展途上”のチームであったからだ。さらにリカルドは昨年、ルノー製PUのトラブルに多く悩まされた。

 昨シーズン、コンストラクターズランキングで4位になったルノーは、ワークス参戦復帰以来、上昇し続けているのも確かに事実だ。しかしリカルドは、今季メルセデスやフェラーリ、そして彼が昨年まで所属していたレッドブルと、すぐに戦うことはできないだろうと考えつつも、移籍という決断を下したことについては後悔はないようだ。

「確かに、少し賭けだった部分もある。でもそれについてもっと考えれば、レッドブルと比較してそれほどギャンブルだとは思わない」

 そうリカルドは語った。

「僕らは”勝つつもりだ”と言って、このチームに入っているわけじゃない。だから期待も、そしてハードルもそれほど高くはないんだ。でもレッドブルでは毎年、自分自身でハードルを上げていた。それは、これまでにも勝ってきたからだ。でも、勝てなければプレッシャーは毎年低減されていく。レッドブルに留まるというリスクは、ルノーに来て勝つことができないというリスクよりも大きいと思う」

「ふたつの選択肢には、どちらもある程度のリスクがあった。当然、リスクを負えば、その分見返りも大きいが、ここで成長することはもっと大きな意味がある可能性があった。ここでの見返りの方が、大きくなる可能性があったんだ」

 ルノーとの契約を交わした後、2018年後半のリカルドは、信頼性の問題に悩まされ続けた。しかしリカルドは、レッドブルにはいくつかの問題の原因となるものがあり、さらにホンダ製PUのパフォーマンスはまだ”明確”ではないと感じていたことから、移籍するという決断について再考することはなかったと語る。

「トラブルの責任は、チームとルノーのそれぞれにあったと思う」

 そうリカルドは語った。

「オースティンでのトラブルは、ルノーの問題だったと思う。でもその後のメキシコでは、レッドブルのミスだった」

「実際、僕は決断を考え直そうと思ったことはなかった。そしてまた、ホンダにも未知数の部分がたくさんあった」

「それは確かに難しい決断だった。チームにとっては、ホンダは新たな希望だ。しかしその一方で、多くの未知数の部分があった」

「パワーユニットの観点から言えば、ルノーはまだ、彼らが目指す所にたどり着いていない。でも2014年以来、彼らは(メルセデスやフェラーリに)追いつこうと本当に努力してきた。彼らは犯してきた全ての失敗から学んでいる。それを否定することはできない」

「確かに、彼らがまたミスを犯す可能性はある。しかし、彼らはそれについて憤っているように感じる。そしておそらく、ホンダの方がより苛立つようなことが多くあるように感じるんだ」

次の記事
F1バルセロナ公式テスト:初日総合タイム結果

前の記事

F1バルセロナ公式テスト:初日総合タイム結果

次の記事

F1合同テスト初日:169周走破のベッテル首位。レッドブルは4番手

F1合同テスト初日:169周走破のベッテル首位。レッドブルは4番手
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中 , ルノーF1チーム
執筆者 Scott Mitchell
Be first to get
breaking news