F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

”合計”10秒加算は重すぎる……リカルド「ガスリーにポイントを盗まれた気分」

シェア
コメント
”合計”10秒加算は重すぎる……リカルド「ガスリーにポイントを盗まれた気分」
執筆:
協力: Scott Mitchell
2019/06/28 8:30

ルノーのダニエル・リカルドは、フランスGP最終周の攻防でふたつのペナルティを科されたのは、”厳しすぎる”と語った。

 ダニエル・リカルド(ルノー)は、第8戦フランスGPで科された、ふたつの5秒タイム加算ペナルティは”厳しすぎた”と考えている。

 フランスGPのファイナルラップ、リカルドは7番手を走っていたランド・ノリス(マクラーレン)にターン8〜9のシケインでオーバーテイクを仕掛けた。

 リカルドはブレーキングでノリスの前に出たが、曲がりきれずにコースオフ。レーシングラインに戻ろうとしたリカルドを避けようとしたノリスがコース外に飛び出してしまった。

 その隙に、後続のキミ・ライコネン(アルファロメオ)が2台の前に出てターン9を抜けたが、リカルドはアスファルトのランオフエリアを走りながら、ライコネンに並びかけターン10でライコネンをパスしたのだ。

 フランスGPのスチュワードは、リカルドがノリスに回避行動を取らせた危険行為と、ランオフエリアを走りアドバンテージを得てライコネンをパスした件を別々のインシデントと捉え、それぞれに5秒のタイム加算ペナルティを出した。

Read Also:

 これにより7位から11位に降着となったリカルドは、ライコネンに対する動きがペナルティとなったことに理解を示した。ただ、ペナルティをふたつ科す必要はなかったはずだと語った。

「ペナルティをふたつ科されるなんて厳しいと感じたのは確かだ」

「レースを面白くしたかどうかに関わらず、ペナルティひとつはギリギリ避けられなかったと思う。正直に言ってね」

「でもふたつは厳しすぎると思うし、僕をただポイント圏外まで落とすためのモノだったと思う。ひとつだけでも僕は10位まで落ちた。トライした僕に1ポイントくれても良いよね!」

 リカルドは、バトルには全く関与していなかったピエール・ガスリー(レッドブル)が10位となり、ポイントを獲得したことを理不尽に感じているようだ。

「僕はガスリーに対しては全く何もやっていない。彼は僕たちのバトルに参加していなかった。彼がポイントを盗んだようなものだ。それが正当化されるとは思わなかった」

「だけど、問題はない。僕はすぐにそれを乗り越えたよ」

 リカルドは、ノリスとライコネンに対するインシデントを一連の事件として扱うべきだったと考えている。

「僕がある時点でコースオフしたことは分かっているので、それについては言い争うつもりはない。でも、それをひとつのインデントだと扱うべきだったと思う」

「ランドとの一件については、必ずしも同意できない。僕たちはどちらもスローダウンしていたと思うし、ランドにそうしたことでアドバンテージを得たとも思えない」

 2002年に大改修が行われ、テストサーキットとして運用されていたポール・リカールは、アスファルトが敷かれた広大なランオフエリアが整備されている。

 リカルドはそうしたサーキットの特性が、ホワイトラインを踏み越えてランオフエリアを走る引き金となったと考えている。

「トラックも助けになっていない。そこにグラベルか何かを敷くべきだ。そうすれば必然的にそれを避けるし……僕たちを止めることにもなるだろう」

「そこにグラベルがあったとしても、僕はトライしていたと思う。だけど、そこを走ることがすでにペナルティになるはずだから、レース後にペナルティが出ることはないだろう。だから、僕はオープントラックのファンじゃないんだ」

 ライコネンも、アスファルトのランオフエリアがインシデントの一因になっていると考えている。

「(トラックの)右側を行きたいと思うなら、そこにスペースがあるんだ。ルールではそこを走ってはいけないと書いてあるのは知っているけど、何が起こるかは分からない。だから彼(リカルド)はそこを走ったんだ」

「もしそこに壁があったら、彼は僕を追い越すことはできなかっただろう。それぐらいシンプルなんだ。僕たちみんな、ルールは知っている。常にルールを踏まえてトライしている。だけど、決断をするんだ。彼がパスした時は、”何が起きるか見てみよう”と思っていたはずだ。それがこの結果になった」

次の記事
「タイヤが問題」と言うのは簡単……ハース、改善への糸口を模索中

前の記事

「タイヤが問題」と言うのは簡単……ハース、改善への糸口を模索中

次の記事

ボッタス、FP1を前にオイルリーク発生。旧スペックのPUに載せ替え

ボッタス、FP1を前にオイルリーク発生。旧スペックのPUに載せ替え
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Jonathan Noble