F1 オーストリアGP

リカルド、僅差で角田裕毅に敗れSQ1敗退「あとちょっとだったから悔しい」RBのマシン仕様変更にはまずまずの評価

RBのダニエル・リカルドは、F1オーストリアGPのスプリント予選でチームメイトの角田裕毅に敗れる形でSQ1敗退となった。僅差の戦いだったゆえに、彼は「少し悔しい」と吐露した。

Daniel Ricciardo, RB F1 Team VCARB 01

Daniel Ricciardo, RB F1 Team VCARB 01

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 スプリント形式で開催されているF1オーストリアGP。RBのダニエル・リカルドは、スプリント予選でチームメイトの角田裕毅に敗れてSQ1敗退となった。

 僅差でSQ2進出を逃したことから「少し悔しい」とリカルドは語る一方、チームがマシンに施した変更の方向性については間違っていないと考えているようだ。

 RBは前戦スペインGPで、サイドポンツーンやエンジンカバー、リヤウイング、フロアを含む大規模アップデートを今季マシンVCARB01に投入した。ただ、その週末は結果的にリカルドが15位、角田が19位と振るわなかった。

 状況を好転させるべく、RBは翌戦オーストリアGPのFP1にマシン仕様の比較テストを実施。リカルドがいくつか新しいパーツを装備したマシンで走行し、角田は異なるパッケージで走った。

 走行データによると、スプリント予選でリカルドは角田に比べてダウンフォースを削ったパッケージで挑んだようだ。ただ、リカルドはSQ1の最初のアタックをまとめきれず。マシンに微調整を加えて2回目のアタックに臨むも、15番手でSQ2進出を果たした角田に0.024秒届かず、16番手から土曜日のスプリントを迎えることとなった。

「短いラップだからね。ここはいつもトリッキーになる」とリカルドは語った。

「最初のアタックはかなりひどかった。でもFP1から大きく変わったという訳じゃない」

Daniel Ricciardo, RB F1 Team VCARB 01

Daniel Ricciardo, RB F1 Team VCARB 01

写真: Zak Mauger / Motorsport Images

「確かにスプリント週末だから、上手くやるのは難しいけど、僕らはかなりの変更を加えた。フロントウイングを変えたり、あれこれしたりしたけど、最初のアタックはまだ遠いと感じた」

「だからピットへ戻って、できる限り変更して、2回目は間違いなく良くなったと思う。でもまだ微調整が必要だ」

「ほんの僅かな差だけど、トリッキーだったと思う。僕らはまだ、パッケージや色々なことを学ぼうとしているところだ。でも、ほんの少しの差で(SQ2進出を)逃したのは、少し悔しいね」

 今季からF1のスプリントフォーマットに微調整が加えられた。そのうちのひとつが、土曜日のスプリントと本戦の予選の間にパルクフェルメルールが一度解除されるというモノ。各チームはスプリントイベントで得たデータを元に、予選・決勝に向けてマシンセットアップを変更することができるようになった。

 スプリントに向けた見通しを訊かれたリカルドは、スプリントでデータを収集し、予選前にマシンバランスを修正したいと語った。

「現状、スプリントで8位に入るのは難しいけど、マシンをもう少し理解するために使える。スプリントの後には、次の予選に向けて変更を加えられるからね」

 リカルドはそう語った。

「僕らは正しい変更を行なったと思う。マシンに加えたことは間違ってないと思うけど、今はただバランスを改善する必要がある」

「予選の前にそれを修正するチャンスがあると思う。だから楽観的に捉えているよ。でもQ1は明らかに少し……どうなるか分かるはずだ」

 

前の記事 リカルドかローソン、どっちなんだい! RB、サマーブレイクでF1ドライバー人事決定か「静かな話し合いを行なう」
次の記事 「俺のデモランを妨害した……幼稚だ」フェルスタッペン父の主張をレッドブルのホーナー代表が否定。“チーム外”からの雑音は意に介さず

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本