F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
FP3 まで
18 時間
:
48
:
00
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

リカルド、大谷翔平やロナウドと同じ代理店とマネジメント契約

シェア
コメント
リカルド、大谷翔平やロナウドと同じ代理店とマネジメント契約
執筆:
2019/03/14 3:29

ルノーのドライバーであるダニエル・リカルドは、プロサッカー選手のクリスチアーノ・ロナウドやプロ野球選手の大谷翔平と同じ代理店がマネジメントを務めることになるようだ。

 昨年限りでレッドブルを離れ、今季からルノーのドライバーとなったダニエル・リカルドは、アメリカの大手エージェンシーであるクリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー子会社のCAAスポーツとマネジメント契約を締結したことを明らかにした。これによりCAAスポーツは、リカルドの”サーキット内外での、プロとしてのキャリアのあらゆる側面”について、代理人を務めることになる。

 このCAAスポーツは、元F1ドライバーのニコ・ロズベルグや、サッカー界のスーパースターであるクリスチアーノ・ロナウド、メジャーリーグで活躍する大谷翔平らのマネジメントも担当している。

 CAAスポーツによれば、今回の契約により「スポーツ、エンターテインメント、ポップカルチャーを横断して、世界中のスポーツ市場で、ダニエルに新たなビジネスチャンスを生み出す」としている。

 リカルドは、レーシングドライバーとしてデビューした当初から2018年まで、長年にわたってレッドブルの支援を受けてきた。しかし今回レッドブルから離脱したことで、リカルドは契約を自身でまとめることができるようになる。

 リカルドは昨年、レッドブルを離れルノーに移籍することを決断。リカルドはレッドブルを離れることを決めた理由について、レッドブルがホンダとパートナーシップを結んだこと、契約更新に関する過程、そして当時のチームメイトであるマックス・フェルスタッペンとのチーム内での関係性などを挙げている。

→DAZN × motorsport.com 「DAZN 2カ月無料キャンペーン」を3/14〜17にかけて実施!

次の記事
F1を支えたレースディレクター、チャーリー・ホワイティング急逝

前の記事

F1を支えたレースディレクター、チャーリー・ホワイティング急逝

次の記事

いよいよ開幕。DAZNの2019年オーストラリアGP配信スケジュール

いよいよ開幕。DAZNの2019年オーストラリアGP配信スケジュール
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
執筆者 Scott Mitchell