リカルド、ルノー移籍は”最も辛い決断”「レッドブルへの感謝を忘れない」

シェア
コメント
リカルド、ルノー移籍は”最も辛い決断”「レッドブルへの感謝を忘れない」
Valentin Khorounzhiy
執筆: Valentin Khorounzhiy
翻訳:: 青山 悦子
2018/08/05 8:05

今年限りでレッドブルとの契約を終了し、来年からルノーへ移籍するリカルドは、人生の中で最も辛い決断を下したと語った。

 レッドブルのダニエル・リカルドは、長年所属したレッドブルを去るという決断は、これまでの人生の中で”最も辛い”決断だったと明かした。

 2008年にレッドブルのジュニアドライバーとなったリカルドは、この年フォーミュラ・ルノー2.0のタイトルを獲得し、翌年にはイギリスF3を制した。そして2011年にはトロロッソのリザーブドライバーとなり、シーズン途中にHRTからF1にデビューした。

 2012年、リカルドはトロロッソのドライバーとなり、2014年に同郷のマーク・ウェーバーの引退に伴いレッドブルへ昇格した。

 リカルドとレッドブルの契約は今シーズン末までとなっており、彼はこのままレッドブルに残留するだろうと思われていた。しかし先週、彼は今年限りでレッドブルとの契約を終了し、ルノーへ移籍すると発表した。

 リカルドはSNSに動画を投稿し、その中で「これが真実だ」と話した。

「僕のレーシングキャリアの中で、最も辛い決断だった。29年間生きてきて、本当にタフな人生の決断のひとつだった」

「レッドブルを出るのは本当に悲しい。ルノーでのチャレンジには興奮しているけれど、これまではレッドブルで10年も”旅”をしてきた」

「2008年にジュニアプログラムに加入して以来、素晴らしい思い出がいくつもある。僕は常にそのことに対して感謝しているし、これからもそうだ。決して忘れない」

「個人的には、自分にとっての素晴らしい環境から次に進み、どこかで新しいスタートを切る時だと感じたんだ」

 今シーズン、リカルドは中国GPとモナコGPで優勝し、ドライバーズランキングでがトップと95ポイント差で5位につけている。彼のレッドブルでの残りのレースは、あと9レースだ。

「ルノーとの将来に何があるのかと考えて、興奮している」とリカルドは続けた。

「レッドブル・レーシング、レッドブルカンパニー、そして彼らが僕のためにしてくれたこと全てに感謝している」

「心の底からありがたく思っている。あと9レースあるので、勝つために全力を尽くす。さあ、行こう!」

 

 

次の F1 ニュース
ベッテル、後半戦の巻き返しを誓う「マシンにはまだポテンシャルがある」

前の記事

ベッテル、後半戦の巻き返しを誓う「マシンにはまだポテンシャルがある」

次の記事

マクラーレン「サインツJr.はドライバー候補」と認めるも慎重な姿勢見せる

マクラーレン「サインツJr.はドライバー候補」と認めるも慎重な姿勢見せる
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy
記事タイプ 速報ニュース