トルコGPで良いトコ無しのリカルド「マクラーレンの勢いを殺さないようにしたい」

マクラーレンのダニエル・リカルドはF1トルコGPで苦戦しノーポイントに終わったことは残念だが、チームの最近の良い勢いに影響を与えないようにしたいと語った。

トルコGPで良いトコ無しのリカルド「マクラーレンの勢いを殺さないようにしたい」

 マクラーレンのダニエル・リカルドは、F1第16戦トルコGPを13位でフィニッシュ。ポイント獲得に失敗したが、彼はマクラーレンの勢いに影響を与えないように、次戦に向けて学びを深めたいと考えている。

 リカルドは第14戦イタリアGPで優勝を果たし、ロシアGPでも4位フィニッシュを記録。チームメイトのランド・ノリスもイタリアでの2位を含むポイント獲得を続けており、ここ数戦はマクラーレンの好調ぶりが続いていた。

 しかしトルコGPでリカルドは、一転して調子を落としてしまった。予選ではQ1敗退を喫し、チームはパワーユニットの交換を決断。後方からスタートしたリカルドはポジションアップに苦戦し、早めにインターミディエイトタイヤを交換することになった。

Read Also:

 レース終盤、リカルドは11番手を走行していたが、タイヤの消耗によるペースダウンが祟ってアルファロメオ勢に先行を許してしまい、13位でのフィニッシュとなった。

 リカルドは今回トルコGPで苦戦したことで、マクラーレンには学ぶべき事があると確信していると話す。しかし、そのことに固執して最近のマクラーレンの勢いを殺したくはないとも語る。

「僕としても、このレースウィークを否定したくはないんだけど、でも推移と結果の観点から言えば、御免こうむるモノだった」と、リカルドは言う。

「そのことで僕らのメンタルが落ち込まないで欲しいと思っている。あまり良くない週末だったけどね」

「ここを発つ前にデブリーフィングを行う予定だ。情報をまとめて、何か学べるといいんだけど」

「ただ今回の結果が、僕らの勢いに影響を与えないようにしたい。シーズンのうちの数日に過ぎないんだ。学ぶ事ができる限り、僕らは前進していくんだ」

 今回の舞台となったイスタンブール・パークのロングコーナーは、マクラーレンの2021年マシンの強みとは言えない場所だった。リカルドは次戦アメリカGPに向けては、今回よりもチャンスがあるだろうと展望を述べている。

「あそこ(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)には、僕らの得意なコーナーがいくつかあると思う」

「第1セクターはまず大丈夫なはずだ。高速コーナーが続くので、僕らは“まとも”に走れるだろう。ヘアピンも問題はない。普通にブレーキングする分には得意だからね」

「最終セクターのいくつかのコーナーは、ちょっとロスするかもしれない。でも僕らは競争力のあるポジションに戻ってくると思う」

「茹だる暑さの38℃くらいにでもなって、皆が汗をかいてくれれば、僕らも楽しめるだろう」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
サインツJr.、“グリッド降格ペナルティ”で8位止まりも「新PU投入は正しかった」
前の記事

サインツJr.、“グリッド降格ペナルティ”で8位止まりも「新PU投入は正しかった」

次の記事

MotoGPで”凹凸”が問題になったサーキット・オブ・アメリカズの路面。F1に向け修正済み

MotoGPで”凹凸”が問題になったサーキット・オブ・アメリカズの路面。F1に向け修正済み
コメントを読み込む