F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
5 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
12 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
26 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
40 days

やっとレースに集中できる! リカルド、元アドバイザーとの金銭問題が解決し安堵

シェア
コメント
やっとレースに集中できる! リカルド、元アドバイザーとの金銭問題が解決し安堵
執筆:
2019/10/11 23:16

ダニエル・リカルドは、元アドバイザーとの金銭トラブルが解決し、請求されていた1千万ポンドを支払う必要がなくなったことを明かした。

 ダニエル・リカルド(ルノー)は、前任のアドバイザーであるグレン・ビーバスと金銭トラブルに発展していたが、それは既に解決したようだ。

Read Also:

 ビーバスはリカルドが2018年限りでレッドブルを離れ、ルノーに移籍するのに一役買った人物とされている。

 そのトラブルは7月の初め、ビーバスがリカルドに対して1千万ポンド(約13億4600万円)以上の手数料を請求したことから始まった。ビーバス曰く、これはリカルドのルノー移籍にあたって発生したもので、ルノーからのサラリーの20%などが手数料として含まれているという。

 これらの手数料が未払いだと主張するビーバスと、それを事実無根だと否定するリカルド。両者の溝は埋まらないまま、法廷での闘争は避けられないかと見られていたが、日本GPのパドックに現れたリカルドは、この問題が解決し、金銭の支払う義務がなくなったことを明かした。

「その問題は終焉を迎えた。全て解決したんだ」とリカルドは語った。

「詳しいことは言えないけど、僕たちふたりは会って話をして、問題に一区切りをつけたんだ。よろしくない方法で解決した訳じゃない」

 仮にこれらの問題が法廷に持ち込まれた場合でも、リカルドに代わって弁護士が対応したと考えられるが、リカルドはレース以外の部分に気をとられることがなくなり、安心しているようだ。

「この問題がそれほど重荷だったという訳ではないけど、仮に法廷闘争になれば、この先何年続くのか分からなかった」とリカルドは話した。

「今はチームとして改善したいことがたくさんある。だからこそ、僕はここ(レース)に全神経を集中させたかったんだ」

「その問題がレース活動の妨げにならないと思っていても、いつかそうなってしまう場合がある。だからそれが片付いてとても嬉しいんだ」

「僕たちふたりにとって、これは望んでいた結果だ。だからふたりとも安心しているし、満足している」

次の記事
F1日本GP、日曜朝の予選実施が不可能なら、FP2の結果でグリッド決定へ

前の記事

F1日本GP、日曜朝の予選実施が不可能なら、FP2の結果でグリッド決定へ

次の記事

【動画】2019年F1第17戦日本GPフリー走行1回目ハイライト

【動画】2019年F1第17戦日本GPフリー走行1回目ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ダニエル リカルド 発売中
執筆者 Jonathan Noble