ノリス、リカルドの経験に大きな期待「マクラーレンを前進させるのに役に立つ」

マクラーレンのランド・ノリスは、F1での優勝経験を持つ新チームメイトのダニエル・リカルドが、チームの前進に貢献できると考えている。

ノリス、リカルドの経験に大きな期待「マクラーレンを前進させるのに役に立つ」

 2021年シーズンから、マクラーレンには新たにダニエル・リカルドが加わる。ランド・ノリスは新チームメイトが持つF1通算7勝という経験が、勝利から遠ざかっているチームを前進させるのに役立つと考えている。

 マクラーレンは、リカルドがレッドブルからルノーへの移籍を決断する2018年より前から、リカルドの獲得に関心を寄せていた。2019年にカルロス・サインツJr.と当時ルーキーだったノリスを起用したチームにとって、優勝経験者がチームに加わるのは3年ぶりとなる。

Read Also:

 ノリスは、リカルドがチームに異なる視点をもたらし、レースで勝利した経験とレッドブルとルノーの両方で学んだことをマクラーレンで活かしてくれると確信しているようだ。

「リカルドの加入は、非常に良いモノになるだろう」

 そうノリスはmotorsport.comに語った。

「カルロスはルノーのマシンを運転していたので、似たようなコメントもあると思う。おそらく多くの特性が似ているんだ」

「ドライバーは多くの知識を持っている。僕がカルロスから学んだのは、他のチームがどんな風に仕事をしてきたかという知識だ」

「ダニエルはレッドブルでもレースをしていたし、どうやってレースに勝つのか、チームとしてどうするのか、そしてそのために必要なマシンを知っている。それはカルロスにないものだと思う」

「ダニエルがチームに加われば、新鮮なアイデアが得られて、チームが前進するのに役立つだろう。それはとても良いことだと思う」

 F1キャリア3シーズン目を迎えるノリスは、実績のあるリカルドと対戦することを楽しみにしているという。

「違うチームメイトと仕事をして、新しいことを学ぶのは良いことだよ」

「レースに勝ったことがあって、グリッド上で最高のドライバーのひとりだと言われているドライバーと対戦するのは、自分との比較をする良いチャンスなんだ。レースウイナーと仕事ができるという点も素晴らしい」

Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅が見せた驚異の成長曲線。その“柔軟な姿勢”がF1昇格の要因に

前の記事

角田裕毅が見せた驚異の成長曲線。その“柔軟な姿勢”がF1昇格の要因に

次の記事

カタルニア・サーキット、ターン10の改修を完了。新レイアウトは4輪と2輪の折衷案

カタルニア・サーキット、ターン10の改修を完了。新レイアウトは4輪と2輪の折衷案
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム マクラーレン
執筆者 Luke Smith