F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

ハースF1とリッチエナジーの将来……シンガポールGPまでには決着へ

シェア
コメント
ハースF1とリッチエナジーの将来……シンガポールGPまでには決着へ
執筆:
2019/08/30 8:22

ハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、リッチエナジーとのタイトルスポンサー契約の将来に関する最終決定は、シンガポールGPまでには行われるだろうと語る。

 リッチエナジーは、イギリスGPの前に、ハースF1チームとのタイトルスポンサー契約を終了したと発表した。しかし同ブランドの支配権を巡る問題が勃発し、状況は今も不明瞭なままになっている。

Read Also:

 ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、8月28日(水)にロンドンでリッチエナジーの代表者と会合を行った。そして契約を続けるかどうか、その最終決定を待っている状態だと語る。

「状況は落ち着いた。そしてようやく、今後我々がどこに向かっていくのかが分かるだろう」

 リッチエナジーとの今後について尋ねられたシュタイナー代表は、motorsport.comにそう語った。

「まず、我々は落ち着いて、合理的な決断を下す必要がある。それから決定が下されるんだ。現時点ではまだ、(リッチエナジーの)ロゴはマシンに付いたままだ。だから彼らは、我々ではなかったとしたならば、どこに行きたいのかを決断する必要があるんだ」

「それは彼らの決定だ。それから、我々の決定を行うことになる。それは来週かその近辺で行われる。今回は、適切な決断が下されるだろう」

 シュタイナーは、モンツァのレースはわずか1週間後であることから、リッチエナジーの決断は来月のシンガポールGPまでに行われる可能性が最も高いだろうと語った。そしてまた、最終決定は完全にリッチエナジー次第であり、結果がどうなるかを予測できないのは明らかだったと語った。

「会社としてどういう立ち位置にいるかを決めるのは、彼ら次第だ。そして(契約を)続行するかどうかは、彼らにとって理に適っているかどうか次第なんだ」

「私はその決断に関与していない。したがって、コメントすることはできないし、その資格もない。私は十分にたくさんの問題を抱えている。他人の問題には関与したくないんだ」

「彼らが求めている場所、そして投資家を決める準備ができたら、何をしたいかを我々に教えてくれればいい。我々はそれに同意したんだ」

「おそらくモンツァの後になることだろう。モンツァはもう来週だから、物事を正しく行うために残された時間はほとんどない。正しく、そして敬意を持って物事を進められることを願っている」

Read Also:

次の記事
2020年、レッドブル・ホンダでのフェルスタッペンのチームメイトは誰だ?

前の記事

2020年、レッドブル・ホンダでのフェルスタッペンのチームメイトは誰だ?

次の記事

F1ベルギーGP、オールージュ頂上のインカットを監視

F1ベルギーGP、オールージュ頂上のインカットを監視
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble