F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
30 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
44 days
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
58 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
72 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
79 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
107 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
114 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
135 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
149 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
163 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
191 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
198 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
212 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
219 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
233 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
247 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
254 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
268 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
282 days

「ライバルの戦術に屈するな!」ハース、”口撃”されるマグヌッセン擁護

シェア
コメント
「ライバルの戦術に屈するな!」ハース、”口撃”されるマグヌッセン擁護
執筆:
協力: Scott Mitchell
2018/08/16 10:37

マグヌッセンはライバルたちからドライビングについて批判を浴びているが、ハース代表のシュタイナーはそれがライバルの戦略だと一蹴した。

Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Sergio Perez, Force India, and Kevin Magnussen, Haas F1 Team, on the grid
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas F1 Team, puts his helmet on
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18
Kevin Magnussen, Haas F1 Team VF-18

 ハースのケビン・マグヌッセンは、ライバルたちからドライビングが危険だとして、多くの批判を浴びている。しかしハースのチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、それはマグヌッセンの自信を喪失させようとするライバルたちの”戦略”だと述べ、マグヌッセンを擁護している。

 ハースに在籍して2年目のマグヌッセンは、今季前半戦を終えて45ポイントを獲得し、ランキング8位につけているが、他のドライバーたちから絶えず批判を受けている。

 シュタイナーはmotorsport.comに対し、マグヌッセンがコース上で激しくバトルしていることを喜んでおり、無線やメディアを通じて発せられる苦情は、彼を弱体化させるための戦術だと考えていると語った。

「我々は彼にレースをして欲しいと思っているし、何かを得るためには、時に”羽を逆立てる”ようなことをしなければならない」

「ここ(F1)では、自由が与えられている者などいない。彼がわざとやっているのではないかという者もいるが、それは違う」

「彼は成功したいのだ。しかし攻撃的なドライビングをしているわけではない。彼は『ここは攻撃的にいくつもりだ。僕は楽に勝てる相手じゃないぞ!』なんてことを言うわけではない」

「それは名声を確立したドライバーから多くの批判を生む。若いドライバーが『パスさせてくれませんか?』とやって来たら、それについて悪口を言いたくもなるだろう」

「誰もがここでは競争をしているし、そうする必要がある。私は他のドライバーを批判しているわけではない。彼らは、彼(マグヌッセン)の自信を失わせようと最善を尽くしているが、それができていないのだ」

「彼らのうち多くは、すでにそれが無駄だと気づいている。彼はもはや簡単な相手ではない」

 マグヌッセンは昨年のハンガリーGPでニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とクラッシュ、今年のアゼルバイジャンGPではピエール・ガスリー(トロロッソ)と接触するなど、いくつか目立ったインシデントはあるものの、特にスチュワードに目をつけられているというわけではない。

 ガスリーとの接触では、ペナルティポイントを2点加算されたものの、現時点で合計3点にすぎない。チームメイトのロマン・グロージャンとザウバーのマーカス・エリクソンがペナルティポイント7点、キミ・ライコネン(フェラーリ)が5点、ウイリアムズのランス・ストロールとセルゲイ・シロトキン、ガスリーが4点であることを考えても、ペナルティポイントが少ない部類に入るのだ。

「僕は他のドライバーのことを尊敬している。成功を収めたドライバーやチャンピオンを獲得したドライバーは特にそうだ」とマグヌッセンはmotorsport.comに話した。

「大きな敬意を持ってはいるけれど、彼ら個人が何を考えているかについては気にしない」

「僕にとって最も重要なことは、自分自身から最大限の力を引き出し、ベストを尽くすことだ」

「もしチームが、僕があまりにもプッシュしすぎていると感じたなら、それを僕に知らせてくれるはずだ。スチュワードがそう感じたとしても同じだ」

「僕の意見はそれに基づいているし、改善しようと努力している。僕は自分が完璧な人間だとは思っていない。ミスをするし、時に限度を超えてしまうことがあるというのも分かっている」

「だけど自分自身で良いバランスを見つけ、他のドライバーの考えに影響されないようにしなければならない」

次の記事
グロージャン、前半戦は調子が狂った「まるでジョコビッチのように」

前の記事

グロージャン、前半戦は調子が狂った「まるでジョコビッチのように」

次の記事

マクラーレン、アロンソの後任にサインツJr.起用を発表。チームメイトは未定

マクラーレン、アロンソの後任にサインツJr.起用を発表。チームメイトは未定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ケビン マグヌッセン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Adam Cooper