F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
イベントは終了しました
R
ハンガリーGP
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
4 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
18 days
R
F1 70周年記念GP
07 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
25 days
R
スペインGP
14 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
32 days
28 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
46 days
R
イタリアGP
04 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
53 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
74 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
102 days
R
メキシコGP
30 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
109 days
R
ブラジルGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
123 days
R
アブダビGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
137 days

FIAを信用しようよ! ルクレール、疑惑のPU問題に抗議のライバルへ一言

シェア
コメント
FIAを信用しようよ! ルクレール、疑惑のPU問題に抗議のライバルへ一言
執筆:
, Grand prix editor
2020/03/17 22:04

シャルル・ルクレールはFIAとフェラーリの和解について、FIAの決定を信頼すべきだとライバルの抗議に対する考えを述べた。

 2019年シーズン後半、フェラーリのパワーユニット(PU)の合法性について疑惑が持ち上がったが、FIAは今年2月にチームと“非公開な和解”に達したと発表した。しかしその声明はPUが合法かどうかの判定には踏み込んでいなかった。

 しかしそれに不満を持ったフェラーリPUを使用しない7チームは共同声明を発表。その和解内容について開示を求める事態に発展した。

 フェラーリがPUの合法性について疑いを持たれるようになったのは昨シーズンの後半戦以降だ。DRSを使用したマシンを突き放すなど圧倒的な直線スピードを発揮したフェラーリ。燃料流量規則の抜け穴を”不法に”突き、パワーアップしているのではないか? そんな疑惑の視線が向けられるまでそう時間はかからなかった。

 昨年フェラーリに加入し2勝を挙げたシャルル・ルクレールは、こうしたPUに関する考えを訊かれると、チームを全面的に信頼していると語った。

「僕は完全にチームを信頼している。それは間違いない」

「全てが問題なかったとFIAが確認してくれたと信じている。僕にとってはそれで終わりだ。僕は(過去の問題ではなく)先を見据えている」

 ルクレールはそう語る。また彼はFIAの決定に異議を唱えているチームに対して、詳細が明らかにされていない理由を理解し、FIAを信じるべきだと話した。

「彼らは自分の仕事をするためにも、FIAのことを信じたほうが良い」

「彼らが全てを説明しないことは完全に理解できる。なぜならそこには、僕らの多くの取り組みが含まれているからだ」

「仮に全てを公にした場合、チームが行なってきた取り組みが全て明らかになってしまう。それは僕にも理解できる」

 ルクレールのチームメイト、セバスチャン・ベッテルもこの件について似たような反応を示し、FIAの決定に信頼を寄せた。

「僕はチームがいつでもレギュレーションの範囲内で適切なことをしていると信じている」

「全てのドライバーは、FIAがグリッド上の全てのチームのために仕事をしていると信じていると、僕は思っている。おそらくそれが答えだ。それ以上加えるものはない」

「これ以上なにか詳細を聞かれても、僕は答えを持ち合わせていないよ。F1マシンはとても複雑だから、僕は十分な答えができるベストな人選じゃないと思う」

 

Read Also:

次の記事
「マクラーレン抜きの開催は不公平」アルファロメオ代表、豪州GP中止に理解示す

前の記事

「マクラーレン抜きの開催は不公平」アルファロメオ代表、豪州GP中止に理解示す

次の記事

ルノーF1、ベッテル獲得の意図は否定せずも、若いドライバー起用が優先?

ルノーF1、ベッテル獲得の意図は否定せずも、若いドライバー起用が優先?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith