ライバルチームからの否定的な意見も気にせず……ホンダを信頼し続けたトロロッソ

シェア
コメント
ライバルチームからの否定的な意見も気にせず……ホンダを信頼し続けたトロロッソ
執筆:
協力: Oleg Karpov
2018/12/26 3:01

トロロッソのフランツ・トスト代表は昨年を振り返り、ライバルたちからホンダと組むことに対する批判的な意見が相次いでいたことを明かしたが、それでもホンダに対する信頼は揺るがなかったという。

 トロロッソのフランツ・トスト代表は、2018シーズンのホンダ製パワーユニット(PU)のパフォーマンスは、チームにとって”ハイライト”だったと話し、当初はライバルたちから、ホンダと組むことについて批判的な意見が相次いだと明かした。

 2015年にF1に復帰して以来、マクラーレンとタッグを組んできたホンダだが、その成績は芳しくなく、2017シーズン途中に提携解消を発表。マクラーレンは2018年からルノー製PUを搭載している。

 マクラーレンはホンダについて、「性能と信頼性が低い」と繰り返し批判をしたが、ホンダはトロロッソと組み、パフォーマンスを大きく向上させた。その大幅な改善は、レッドブルが2019年にホンダPUを使用するという決断を下すのに十分なほどだった。

「ホンダは我々にとってのハイライトだ」

 そうトストはmotorsport.comに語った。

「昨年のこの時期のことを覚えているだろう。他のチームが、ホンダについて話していた」

「私は何人かに『あなたたちは完全にどうかしている。来年うまくいくことを祈っているよ』と言われたことを覚えている」

「私はこう返した。『そうだ。(2018年は)良いシーズンが送れるはずだ。どうなるか見てみよう。我々は君たちの前にいるだろう』とね」

「彼らは、おそらく私の考え方が間違っていると思っていたのだろうが、私はホンダと組むのが正しい決断であるという確信があった」

 姉妹チームであるトロロッソのデータを参照でき、ルノーPUとの比較ができるレッドブルによれば、ホンダは2018年に初めて、PUの序列争いにおいてルノーを上回ったという。

 トストはホンダが2018年に果たした進歩は本当のものであり、2017の時点でさえ、外部の人間が考えるよりも高いレベルにあったと主張した。

「昨年のホンダエンジンはすでに、他の人々が言っていたよりもはるかに良かった」

「冬の間、ホンダとトロロッソは本当に懸命に働いた。ミルトンキーンズやさくら研究所のベンチでテストをしていた」

「非常に緊密な協力があり、ホンダはパフォーマンスと信頼性を上げることができた」

 2018シーズン、トロロッソのドライバーたちは他のチームよりも多くのPUコンポーネントを投入し、グリッドペナルティを受けた。3スペック目のPUが投入されたシーズン後半は、変更が相次いだ。

 しかしトストは、チームは初めから、ホンダが1シーズン3基までという厳しいPU制限を守ることはないと分かっていたという。そして、2019年に向けた開発を助けるべく、多くの変更を行うことの方が重要だと話した。

「3基のエンジンでシーズンを終えることはないだろうと私には分かっていた」

「しかし、終盤のエンジン変更は多かれ少なかれ、我々側からの要望だった」

「2018シーズンは、来シーズンの準備だと捉えていた。そしてそのシーズンも終わったんだ」

次の記事
自身のF1キャリアベストな1年……インディ転向エリクソンの自己評価

前の記事

自身のF1キャリアベストな1年……インディ転向エリクソンの自己評価

次の記事

”爆発”する個性……史上最もワイルドなデザインのF1マシントップ50

”爆発”する個性……史上最もワイルドなデザインのF1マシントップ50
Load comments

この記事について

シリーズ F1
チーム トロロッソ・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell