ロバート・デ・ニーロ&ジョン・ボイエガ、Netflix新作のF1題材映画で共演

ネットフリックスはロバート・デ・ニーロ、ジョン・ボイエガといった著名俳優出演によるF1の世界を舞台としたクライム映画の制作を進めている。

ロバート・デ・ニーロ&ジョン・ボイエガ、Netflix新作のF1題材映画で共演

 映像配信大手のネットフリックスによって制作が進められている、F1の世界を舞台とした映画作品に、伝説的なハリウッド俳優であるロバート・デ・ニーロや、『スター・ウォーズ』シリーズ出演で知られるジョン・ボイエガが出演することが分かった。

 これまでNetflixはF1の世界の裏側を描くドキュメンタリーシリーズ『Formula1:Drive to Survive』といった作品を手掛けてきたが、今回はクライム映画(犯罪を題材にした映画)だ。

 この新作映画『The Formula』は、マフィアに関わってしまった天才的なアメリカ人F1ドライバーが、残された家族を救うために“逃がし屋”となることを余儀なくされるという筋書き。

 脚本・監督そして製作は『パージ:エクスペリメント』などを手掛けてきたジェラルド・マクマリーが担当。また製作は彼が最近設立したBuppie Productionsによって行なわれる。

 その他、プロデューサー陣にはデ・ニーロや、高い評価を受ける『アイリッシュマン』を手掛けたベリー・ウェルシュ、『ボヘミアン・ラプソディ』など数々の作品に関わっているジェーン・ローゼンタールが詰めている。

 これまでのところ、この作品に関しては詳細が明かされてこなかったが、25日(月)に、監督のマクマリーはInstagramへの投稿でストーリーの概要を明かした。

「私の新しい製作会社であるBuppie Productionsはトライベッカ・フィルムズそしてNetflixと協力し、ジョン・ボイエガとロバート・デ・ニーロのふたりが主演するThe Formulaと呼ばれるイカしたオリジナル映画をお届けする」

「これはデトロイト出身で、マフィアと繋がりのある指導者のもとでF1の国際的スターとなった青年の物語だ」

 

Read Also:

 

シェア
コメント
ストロール、2020年は”最高のシーズン”。だけど「たくさんのチャンスも逃した」

前の記事

ストロール、2020年は”最高のシーズン”。だけど「たくさんのチャンスも逃した」

次の記事

エントリー台数34の“戦国時代”……1991年のF1を彩った無得点チームたち:前編

エントリー台数34の“戦国時代”……1991年のF1を彩った無得点チームたち:前編
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper