ニコ・ロズベルグ、メルセデスの”決断”を楽しみに……「ラッセルがハミルトンのチームメイトになれば、チーム内が”熱く”なる」

元F1ドライバーのニコ・ロズベルグは、メルセデスが2021年のルイス・ハミルトンのチームメイトにジョージ・ラッセルを起用することを選んだ場合、”チーム内バトル”が激化する可能性があると考えている。

ニコ・ロズベルグ、メルセデスの”決断”を楽しみに……「ラッセルがハミルトンのチームメイトになれば、チーム内が”熱く”なる」

 まだ正式発表されていないものの、今季ウイリアムズのマシンを走らせ活躍を見せるジョージ・ラッセルは、来季メルセデスに加入し、ルイス・ハミルトンのチームメイトになるのではと言われている。かつてこのメルセデスに所属し、ハミルトンとコンビを組んだニコ・ロズベルグは、もしラッセルのメルセデス入りが実現すれば、ハミルトンとの間での”チーム内バトル”が、激化することになるだろうと考えている。

 メルセデスが来季のドライバーとして、現在チームに所属するバルテリ・ボッタスを起用するのか、それとも今季ウイリアムズで目覚ましい活躍を見せるラッセルを登用するのか……その選択がどうなるのかという点は、現時点のF1の中でも最も注目を集める題材だと言えるだろう。

 チームはすでに決断を下したとされていて、今後数週間の間に正式な発表が行なわれるのではないかと言われている。

 ボッタスが加入する前、ハミルトンのチームメイトを務めていたのはロズベルグだった。ふたりはカート時代からチームメイトとして走るなど、旧知の間柄。そしてロズベルグが所属していたメルセデスにハミルトンが加入する形で、ふたりは2013年からF1でもコンビを組むことになった。しかし、後からチームに加わったハミルトンがタイトルを狙うことができるポジションに立つや否や、チームメイト同士でのバトルが激化。コース上で度々同士討ちをするなどという”事件”を経て、関係も悪化していった。

 そして2016年、ロズベルグはついにハミルトンを下してチャンピオンを獲得すると(※2014年と2015年は、ハミルトンがタイトルを手にしていた)、シーズン最終戦の数日後に突如引退を発表することになった。

 このロズベルグの後を受ける形でメルセデス入りしたのがボッタスである。ボッタスの加入後はチーム内のバランスが安定。ボッタスもチームに貢献し、メルセデスは2017年以降も4年連続でダブルタイトルを獲得している。

 ただ、ボッタスがハミルトンを脅かすだけのパフォーマンスを発揮してこられなかったというのもまた事実。実際ハミルトンは、ボッタスは最高のチームメイトであると歓迎し、2022年に「別のドライバーに交代する必要があるとは、思わない」と発言していた。

 一方でラッセルは、メルセデスの育成ドライバー。現在は非力なウイリアムズのマシンを走らせているが、それでも予選Q3に進出するなど速さを見せ、先日行なわれたベルギーGPでは、予選でハミルトンを抑えて2番グリッドを獲得。決勝はレーシングスピードで走るシーンのないまま終了となったため、自身初の表彰台を手にしている。そういうことを考えれば、ハミルトンにとっては厄介な相手になるかもしれない。

 ロズベルグはオランダGPを前にmotorsport.comのインタビューに応じ、ボッタスもラッセルも共にメルセデスのシートに座るに値する存在だとした一方で、ラッセルは新たな課題をもたらす可能性のある、チームにとっては”エキサイティング”な選択肢になるだろうと語った。

「バルテリもジョージも、どちらもメルセデスのシートに値するドライバーだよ」

 ロズベルグはそう語った。

「バルテリはメルセデスのマシンで本当に良い仕事をしている。今年はこれまで、彼にとっては色々なことがうまくいかなかった。でも基本的には、メルセデスが必要としている仕事を成し遂げているよ」

「メルセデスがどんな決定を下すのか、見てみようじゃないか。バルテリを選ぶのは、より楽な決断だろう。だってチームは、既にバルテリが持っている”能力”を知っているんだからね。でもジョージはおそらく、少し”エキサイティング”な選択肢だと言えるだろう。彼らがどちらの選択を思いつくのか、それを見るのが楽しみだね」

「でももし彼らがジョージを選ぶのなら、メルセデス内部の戦いはこれまでとは異なる。おそらく、もっと”熱い”戦いになっていくだろう」

 ラッセルがメルセデス入りしたら、自身が同チームで経験したのと同じような、ハミルトンとの緊張関係が生じると考えているのか? そう尋ねられたロズベルグは「分からない」と前置きした上で、突如トップチームに加わることで、ラッセルを取り巻く状況が大きく変わるのは間違いないと語った。

「もしいつの日か、彼(ラッセル)がルイスの隣でドライブすることになれば、そういう状況で彼がどういう行動をするのか……予想するのは不可能だ」

 そうロズベルグは語る。

「彼を取り巻く状況は大きく変わる。だって突然、毎週末レースに勝つことを狙えるマシンに乗ることになるんだからね。そして、そのチームメイトは史上最高のドライバー……しかも長年そこにいたドライバーになるのだから」

「それは、今と比べれば極端な状況だ。だからそれは、チームメイトとして対峙するドライバー次第だ……ということになるだろう」

 

Read Also:

シェア
コメント
ボッタス、2022年は”これまでになかった”複数年契約を希望「一緒に仕事をして楽しいプロジェクトがいい」
前の記事

ボッタス、2022年は”これまでになかった”複数年契約を希望「一緒に仕事をして楽しいプロジェクトがいい」

次の記事

角田裕毅、来季F1残留の自信は半々「一貫性のある走りができるようにならなければいけない」

角田裕毅、来季F1残留の自信は半々「一貫性のある走りができるようにならなければいけない」
コメントを読み込む