F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

メルセデス入りについては考えない? ラッセル「F1はすぐに状況が変わるから…」

ジョージ・ラッセルは2022年のメルセデス入りの可能性については考えずに、2021年の戦いに身を投じていくつもりだと語った。

メルセデス入りについては考えない? ラッセル「F1はすぐに状況が変わるから…」

 ジョージ・ラッセルは2021年限りで現在のウイリアムズとの契約が満期となる。そのため、2022年にはメルセデス入りする可能性もあるのではと考えられている。しかし本人はそうした事は深く考えず、まずは2021年のウイリアムズとの戦いに全力を尽くすと語った。

 ラッセルの“2022年メルセデス入り”の可能性が語られるようになったきっかけは、昨年ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルス感染によってサクヒールGPを欠場した際、代役としてメルセデスのマシンを走らせたことだろう。

Read Also:

 僅かな準備期間ながら、ラッセルはメルセデスW11のパフォーマンスを見事に引き出した。最終的にはピットのミスやトラブルなどが原因となり優勝や表彰台は逃したものの、印象的な走りを見せたのだ。

 この代役参戦を通じて評価を高めたラッセルには、2022年のメルセデス昇格を期待する声が高まった。しかしラッセルは、先の可能性に夢中になるのではなく、ウイリアムズと共に全力を尽くしていくことが自身の目指すところだと語る。

「いや、彼ら(メルセデス)は僕が何をする必要があるとかは言っていないんだ」

 ラッセルはmotorpsort.comの取材に対しそう語った。

「今のところ、僕はウイリアムズのみんなに敬意を払うだけだし、チームがこの2年間僕にしてくれたように全力を尽くすつもりだ」

「将来について考えるのは好きじゃない。このスポーツでは人々のドライバーに対する認識や評価が、信じられないほど素早く変わるんだ。それに外部の要因も作用してくるものだからね」

 またラッセル曰く、ウイリアムズの前のマネジメント陣がいた頃だったら、メルセデスでの走行の機会を得ることはできなかったという。しかし新オーナーの開かれた姿勢によって、サクヒールGPでの代役参戦が叶ったのだという。

「あの出来事は誰も予想していなかったと思う」

「フロントロウからスタートして、レースをリードし、そして勝てるかもしれなかったなんて、去年中頃の僕に言っても信じていなかっただろうね。僕は自分がメルセデスのリザーブドライバーとしてマシンを走らせるチャンスを得ることができるとすら思っていなかったんだから」

「それ(メルセデスリザーブ)については過去に話し合ったことがあるんだけど、(当時は)ダメだった。でも幸運なことに(ウイリアムズの)新オーナーはとてもオープンな姿勢で、僕にチャンスを与えたいと、どれくらいのポテンシャルなのかを見たいと思ってくれていたんだ」

「ただ、僕としてはルイスやバルテリがレースを欠場することになったとしても、現実的に(代役の)可能性があるとは思っていなかった。とにかく、それが可能だとは思っていなかったんだ」

 そしてサクヒールGPの顛末について振り返ったラッセルはガッカリしていると認めたが、自身のパフォーマンスを示すことはできたと考えるようにしていると話した。

「そのことで心がいっぱいになってはいない。なぜなら計画は上手く進んで、勝利はほとんど目前だったんだからね」

 サクヒールGPの出来事について訊かれたラッセルはそう答えた。

「それが僕が自分に対して失望を乗り越えるためにとにかく言い聞かせようとしていることなんだ! ピットストップの失敗は、プレッシャーが大きくとても困難な状況において僕に何ができるのかを示すチャンスを与えたんだと思うようにしている」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1キャリア50戦で入賞ゼロ……ルカ・バドエルは“無能ドライバー”だったのか?

前の記事

F1キャリア50戦で入賞ゼロ……ルカ・バドエルは“無能ドライバー”だったのか?

次の記事

ファンからの評価も上昇? ノリス、SNSへのアプローチを“マジ”にした効果実感

ファンからの評価も上昇? ノリス、SNSへのアプローチを“マジ”にした効果実感
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジョージ ラッセル
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble