F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
52 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
59 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
73 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
87 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
108 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
122 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
143 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
157 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
164 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
178 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
192 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
220 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
227 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
248 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
262 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
276 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
283 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
297 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
311 days

お互いを知り尽くしている……ラッセル、アルボン、ノリスはカート時代からの“戦友”

シェア
コメント
お互いを知り尽くしている……ラッセル、アルボン、ノリスはカート時代からの“戦友”
執筆:
2020/01/12 2:21

ジョージ・ラッセルは、アレクサンダー・アルボンやランド・ノリスと切磋琢磨した10代の頃を振り返り、大きな犠牲を払ってきたと語った。

 2019年シーズンのF1では、ジョージ・ラッセル、ランド・ノリス、アレクサンダー・アルボンという3人のルーキーがデビューを果たし、それぞれが高い評価を得た。

 後半戦にトロロッソからレッドブルへの昇格を果たしたアルボンは、3人の中で最上位となるランキング8位でシーズンを終えた。マクラーレンのノリスも同11位と善戦する中、ウイリアムズのラッセルはマシンのパフォーマンスの低さに苦しめられ、ただひとりのノーポイントに終わってしまった。しかし、予選ではチームメイトのロバート・クビサに全勝するなど実力を見せた。

 同世代の3人は共に、カートからF3、F2といったジュニアフォーミュラに至るまで、互いに競い合って成長してきた。彼らはレース活動のために学校をしばしば早退するなど、学生生活を犠牲にしてきたが、ラッセルは「それが普通のことのように感じていた」として、特殊な生活をしているという意識はなかったと語った。

「僕たちは学校を早退したり、大きな犠牲を払ってきた。誰も10代のうちはパーティーに行ったりはしなかった」

「でもそれが普通のことだと思っていた。特別なことをしているような感覚はなかったんだ。それがF1ドライバーになるために必要なことだと思っていたからだ」

 またラッセルは、3人がキャリアの多くの期間で共にレースをしたことで、3人共「同じレベルにいる」ことを感じたといい、お互いに切磋琢磨しながらここまできたという。

「僕たちは12〜13歳の頃から競い合っていて、無意識のうちに切磋琢磨していた」

「だからF1にたどり着いた時、僕たち3人が同じレベルにあることは分かっていた。これまでに何度も一緒にレースをしてきて、お互いの実力を知っているから、とてもやりやすかったよ」

「僕はマックス(フェルスタッペン/レッドブル)とシャルル(ルクレール/フェラーリ)が小さい頃から競い合っているのを見てきた。彼らも僕たちと同じようなことを思ったかもしれない」

Read Also:

次の記事
大口スポンサー失ったウイリアムズ、2020年は“ラティフィマネー”で乗り切る?

前の記事

大口スポンサー失ったウイリアムズ、2020年は“ラティフィマネー”で乗り切る?

次の記事

F2での1年目からトップ4を希望……レッドブル、角田裕毅にかける期待

F2での1年目からトップ4を希望……レッドブル、角田裕毅にかける期待
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジョージ ラッセル
チーム ウイリアムズ
執筆者 Lewis Duncan