F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

ラッセルのメルセデス昇格はいつに? 「彼は長期的な計画の一部」とウルフ代表

シェア
コメント
ラッセルのメルセデス昇格はいつに? 「彼は長期的な計画の一部」とウルフ代表
執筆:
2020/07/28 22:09

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、現在のドライバーラインアップに満足しており、ジョージ・ラッセルは「長期的な計画の一部」であると語った。

 メルセデスのジュニアドライバーで、現在ウイリアムズでF1参戦2年目を迎えたジョージ・ラッセル。彼は2021年にワークスチームのシートを獲得するのではないかと噂されていたが、結果的に来季もウイリアムズに残留することとなった。ただメルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、彼が未だにチームの「長期的な計画の一部」であると主張した。

Read Also:

 なお、ラッセルの他にエステバン・オコン(ルノー)もメルセデスの支援を受けているドライバーだが、彼も来季ルノーに残留することとなっており、2021年のメルセデスのラインアップはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスで継続となることが確実視されている。

「我々は現在のラインアップに満足している」とウルフは語った。

「バルテリとルイスは非常に良いパフォーマンスを見せていて、お互いに仲も良い。これはチームの活性化において重要なことだ。そしてエンジニアたちは彼らのフィードバックに感謝している。これもまた重要だ」

「一方、ジョージはウイリアムズと3年契約を結んでおり、それがまだ1年残っている。クレア(ウイリアムズ/チーム副代表)はジョージがチームにとって重要な人材であるという考えを明確に示している」

「そういった点から、契約の状況は尊重しなければならない。我々は、ジョージと我々が2年前にどういう状況にあったかを理解している。ウイリアムズはジョージにF1へ来る機会を与えたのだから、ウイリアムズのとった決断は非常に尊重している」

「ただそれは、ジョージがフリーになったからといって、メルセデスの枠が保証されているということではない。現在の我々のドライバーはバルテリとルイスだし、忠誠心は我々にとって非常に大事なことだ。そのため、常に長い目で見るようにしている」

「ジョージは紛れもなく長期的な計画の一部だが、2021年(のメルセデス昇格)はない」

 

Read Also:

マクラーレン、『Gulf』とのスポンサー契約締結を発表。黄金タッグが復活

前の記事

マクラーレン、『Gulf』とのスポンサー契約締結を発表。黄金タッグが復活

次の記事

レッドブル、アルボンのレースエンジニアを変更。リカルド支えたベテラン起用

レッドブル、アルボンのレースエンジニアを変更。リカルド支えたベテラン起用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジョージ ラッセル
チーム メルセデス 発売中 , ウイリアムズ
執筆者 Adam Cooper