F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
1 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
8 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
23 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
29 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
36 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
50 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
57 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
78 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
106 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
113 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
127 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
141 days

まるで止まっているかのよう……ラッセル、他チームとのバトルには興味なし

シェア
コメント
まるで止まっているかのよう……ラッセル、他チームとのバトルには興味なし
執筆:
協力: Stuart Codling, Writer
2019/04/17 3:06

ジョージ・ラッセルは中国GPで他のチームとバトルをする際、まるで“静止している”かのようだったと語った。

 ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)は中国GPの決勝で17番グリッドからスタートし、オープニングラップに起きた接触や中団グループの他車が早めのピットストップを実施したことも手伝い、一時12番手まで浮上した。

 しかし、その後じりじりと後退した結果、ラッセルは16位でフィニッシュした。他チームとレースをすることをどのように感じたか尋ねられたラッセルは、短命のバトルにはほとんど興味がないと語った。

「正直なところ、見向きもしなかった」

「ペースの差が大きかったので、僕は本当に静止しているかのようだった」

「それは驚くほどのことではない。僕は自分たちのペースがどういうものか、そして自分の仕事がそれを最大限引き出すことだとわかっている」

 ラッセルは16位という決勝の順位は、FW42のペースを考えると“現実的な”ものだとしながらも、中国GPを“興味深いレース”だと述べた。

 彼は1ストップ作戦を実行したチームメイトのロバート・クビサに対して、最終的に2ストップしながらも16秒の差をつけたことに満足している。なお、クビサはレース後に「レースペースがない」とコメントしている。

 ラッセルは「第1スティントには本当に満足している。彼をかなり離すことができたし、現段階では彼が唯一の比較対象なんだ。僕たちはマシンにしがみついているような状態だ」と語った。

 しかしながら、レース終盤にラッセルは多くのマシンを前に行かせる必要があったため、スローダウンを余儀なくされた。それによってラッセルのタイヤは作動温度領域から外れてしまったという。

 ラッセルは次のように語った。

「第2スティントはハードタイヤを履いたのでとてもトリッキーなスティントになった。最初の2周は良いラップを刻んでいたが、そこでブルーフラッグが振られ始めた」

「一度ブルーフラッグを受けると、タイヤの温度は作動領域から外れてしまう。全力でプッシュしたが、その領域に戻すことはできなかった」

「そのため、僕はどんどん遅くなってしまって、タイヤもどんどんと冷えてしまった。だから僕は予定外の2回目のピットストップをしなければならなかった」

次の記事
フェラーリはまだ最大限を発揮していない……3連続1-2も、ハミルトンに慢心なし

前の記事

フェラーリはまだ最大限を発揮していない……3連続1-2も、ハミルトンに慢心なし

次の記事

レッドブル・ホンダ、シャシー問題は解決か。次は”トップスピード”が必要?

レッドブル・ホンダ、シャシー問題は解決か。次は”トップスピード”が必要?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
サブイベント Race
ドライバー ジョージ ラッセル
チーム ウイリアムズ
執筆者 Valentin Khorounzhiy