メルセデスの陥った”罠”、この先ライバルもハマる? 前半戦の苦戦に価値見出すラッセル

ジョージ・ラッセルは2022年のマシン開発で、メルセデスが乗り越えた”罠”にライバルのF1チームも陥る可能性があると指摘する。

メルセデスの陥った”罠”、この先ライバルもハマる? 前半戦の苦戦に価値見出すラッセル
Listen to this article

 メルセデスのジョージ・ラッセルは、メルセデスにとっては既知の”罠”に、この先ライバルチームが嵌まる可能性があると語った。

 テクニカルレギュレーションが大きく変更された2022年シーズンのF1は、序盤から開発の明暗が別れた。レッドブル、そしてフェラーリがトップ2を形成する一方で、昨年のコンストラクターズチャンピオンであるメルセデスは彼らに大きく水を開けられてしまったのだ。

 ポーパシングやバウンシングに悩まされたメルセデスは段階的に開発を進め、競争力を改善してきた。現時点ではまだ優勝には手が届いていないが、その向上率から、今シーズン中にも優勝争いに戻ってくるのではないかという発言がライバルからも見られている。

 ラッセルはシーズン前半の苦戦とそこから立ち直るための懸命な取り組みが、最終的には有益なモノになるだろうと考えている。

「シーズン後半には優勝争いに加わっていると、僕は本気で信じている」

 苦戦する今シーズンと、2009年に現在の僚友であるルイス・ハミルトンとマクラーレンが苦戦していたマシンを優勝できるマシンにまで仕立て上げたことの比較について尋ねられたラッセルは、そう答えた。

「僕らは今、とてつもない進歩を遂げている。チームとして楽観的になれるとてもたくさんの兆しを得たと思うし、このチームにはライバルとの差を縮めるためのモチベーションの炎が湧き上がっていたんだ」

「ただ、今はまだまだ距離があると思う。そうだとしても、僕らが開幕から経験してきた苦しみは来年にも活きるんじゃないかと思う」

「それに他のチームは僕らの経験した問題に直面していないんだ。彼らは開発プロセスの中でそうした罠に嵌まるかもしれない。そういう、ポジティブになれることもたくさんあるよ」

George Russell, Mercedes-AMG

George Russell, Mercedes-AMG

Photo by: Steve Etherington / Motorsport Images


 ハミルトンは今季のW13における苦戦から、メルセデスが”牙を研いでいる”と示唆しており、将来マシンが良くなれば、全体的にさらに良い状態になるだろうと語っていた。ラッセルも、そうしたチームメイトの意見に同調している。

「ああ、間違いなくそうだね」と、ラッセルは言う。

「全てが順調に進んでいれば、人生はいつも楽なモノになると思うよ。速いクルマを手にしていていれば、細かい事を気にする必要はないんだ。勝っていれば、全てが素晴らしいと思えるからね」

「ウイリアムズの人達ですら、同じようなことを言っていた。2014年の予選ではQ1をハイパワーモードで走らず、エンジンをセーブしていても、楽に通過できていたとね。小さなミスを犯そうとも結果には影響は無く、Q2に進んでいた」

「でも今、僕らはフロントロウに並ぶドライバーから0.4秒差に続くために、全力でやらなければならないんだ」

「こうした経験が間違いなく、僕らを強いチーム、強いドライバーにするだろう。でもフェラーリやレッドブルのチームだって、過去にはこうした経験を積んでいるんだ。だからお互い様かな」

 ラッセルはチームが以前よりもW13をより上手く扱えるようになったとも明かす。

「チームとして、最近のレースではマシンからより高いパフォーマンスを引き出すために何をする必要があるのか、それを理解できてきたと思う」

「序盤6レースを振り返ると、ほとんどは試行錯誤で、僕らは問題が何なのかを理解していっている段階だった」

「そして明確な方向性も持っていなかったし、チームとして採るべき道が本当に分かっていなかった。でも今は、少なくとも向かうべき方向は分かっていると自信がある」

「それを実際のパフォーマンスに繋げられているかどうかは、別の要素だろう。でも今は明確な方向が分かっていると感じているんだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ、F1フランスGPで新フロアを投入か。ルクレール車に試験搭載?
前の記事

フェラーリ、F1フランスGPで新フロアを投入か。ルクレール車に試験搭載?

次の記事

F1フランスGP、トラックリミット”厳格適用”の方針は変わらず。コース復帰の方法にも指示多数

F1フランスGP、トラックリミット”厳格適用”の方針は変わらず。コース復帰の方法にも指示多数