ラッセル、ウイリアムズ入り目指し1年前から”プレゼン”で売り込み

シェア
コメント
ラッセル、ウイリアムズ入り目指し1年前から”プレゼン”で売り込み
Scott Mitchell
執筆: Scott Mitchell
2018/11/07 3:16

ジョージ・ラッセルは、2018年にウイリアムズ入りを目指して、自らチームに対してプレゼンテーションを行ったという。

 来季ウイリアムズからF1にデビューするジョージ・ラッセルは、2018年のデビューを目指し、チームに対して自らパワーポイントを使って猛アピールしたと、チームの最高技術責任者であるパディ・ロウは明かした。

 今季はFIA F2選手権に参戦し、ポイントリーダーに立っているラッセル。メルセデスの育成ドライバーである彼は、メルセデスとテストやシミュレーターなどで作業を進めてきた。

 そんな彼はウイリアムズと複数年契約を結び、2019年にF1デビューを飾る。ウイリアムズの副チーム代表のクレア・ウイリアムズやロウは、彼のパフォーマンスだけでなく、トラック外での振る舞いにも早い段階から好印象を受けていたようだ。

 ラッセルは当初、2018年のドライバーとして自分を起用することを検討して欲しいとアピールしてきたことをロウは明かし、motorsport.comに次のように語った。

「ジョージは、とても自信に溢れた若者だ」

「彼は自らの未来を自分の手で形作ろうと、率先して動ける。それが、今の彼の立ち位置を作り上げた理由のひとつだと思う」

「例えば、彼は2018年にF1デビューすることさえ考えていたんだ」

「私は、少し早過ぎると思った。2018年はF2を走った方が良いと思ったし、1年前にジョージがF1に参戦することを考えるのは時期尚早だと思っていた」

「F2で走った方が、ジョージははるかに強くなると思っていた。だけど彼は1年前に私のところに来て、パワーポイントで自分がチームにとってベストなドライバーとなる理由をプレゼンテーションした。私にとっても初めての経験だった」

 今年に入ってからも自らロウに電話し、2019年の契約についてウイリアムズとの話し合いを取り付けるなど、積極的に活動したラッセル。彼は、ウイリアムズ入りにどれだけ自分が真剣なのかを示すことが重要だったと、motorsport.comに話した。

「自分は座ったままで、誰かが自分のことをどれだけ素晴らしいか話すよりも良いと思ったんだ」

「自分の経歴だけでなく、自分の性格や自分がチームに何をもたらすことができると感じているかを、説明しようとした」

「資料に書いてあることを様々な角度からプレゼンしただけだ。ミーティングが終わった後に、振り返ってもらえるようにね」

 ウイリアムズは、10月の段階でラッセルとの契約を発表。ラッセルはウイリアムズのマシンに乗ることなく契約にサインすることになった。

 しかしチームはメルセデスから、ラッセルがハンガリーテストに参加した際のデータを受け取っており、非公式ながらコースレコードを更新する走りを見せたラッセルに感銘を受けたという。

「彼はテストでメルセデスのマシンをドライブしており、そこから自分たち自身のマシンに彼を乗せた時と同じくらい素晴らしい比較データを得ることができた」

 そうロウは語った。

「ドライバーとしての力量と、我々が彼に期待できるペースを判断するために十分なデータがあった」

「例えば彼は現在、ハンガロリンクで最も速いラップタイムを記録している」

「それは非公式だし、ハイパーソフトタイヤを使用して出したタイムではあったが、参考にならないデータではないし、そのタイムを出すためにはとても素晴らしいドライバーである必要がある」

次の記事
フェラーリ、ピレリのタイヤ供給継続を願う「これまでの経験が無駄に……」

前の記事

フェラーリ、ピレリのタイヤ供給継続を願う「これまでの経験が無駄に……」

次の記事

F1ベトナムGP、2020年からの開催が正式発表

F1ベトナムGP、2020年からの開催が正式発表
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジョージ ラッセル
チーム ウイリアムズ
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ 速報ニュース