2022年F1の最有力チームはフェラーリとマクラーレン? メルセデスのラッセル「僕らは間違いなく遅れている」

メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1プレシーズンテストではこれまでのところ、フェラーリとマクラーレンは、メルセデスよりも「非常に、非常に競争力がある」ように見えると語った。

2022年F1の最有力チームはフェラーリとマクラーレン? メルセデスのラッセル「僕らは間違いなく遅れている」
Listen to this article

 今季からメルセデスの加入したジョージ・ラッセルは、カタルニア・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテスト2日目を終え、これまでのところフェラーリとマクラーレンが、メルセデスよりもかなり戦闘力があるように見えると語った。

 ラッセルはここまで、2日連続で半日ずつ走行。初日、2日目共に総合4番手となるタイムを記録した。しかしフェラーリとマクラーレンが連日速さを見せ、トップタイムを分け合っている。またアルファタウリのピエール・ガスリーも、2日目には2番手タイムを記録した。

 ラッセルは木曜日の走行を終え、興味深いモノをいくつか見つけたと語った。

「僕らはいくつか興味深いモノを見つけた。でも、それがテストの目的だ」

 そうラッセルは語った。

「いくつかのチームは、かなり速く見える。特に赤いチームと、オレンジ色のチームは、非常に高い競争力を持っているようだ。明日どうなるのか、そして今回とバーレーンのテストの間に何ができるのかを見てみようじゃないか」

 メルセデスの現時点でのポジションについて尋ねられたラッセルは、「確かに先頭ではない。それについてはかなり確信を持っている」と、他チームが先行していると考えていることを明かした。

「彼らは色々なことをうまくコントロールしているようだ。燃料搭載量が多くても少なくても、とても力強く見えるし、タイヤもしっかりとマネジメントできている」

「本当のことは誰が知っているんだろうか? 確かに僕らはそれぞれ、異なるプログラムを実施しているのは理解している。でも様々な走行の平均から考えれば、僕らは現時点では、確実に遅れをとっている」

「どうなるか見てみよう。バルセロナでの冬のテストで、チャンピオンシップの勝負が決まるわけじゃないからね。でもこれまでのところ、確かに興味深い2日間になっている」

 ラッセルの2日目のベストタイムである1分20秒537は、首位となったシャルル・ルクレール(フェラーリ)のタイムよりも0.8秒以上遅いモノだ。しかも、いずれもC3タイヤでのラップタイムである。とはいえチームは、まだニューマシンの特性を掴もうとしているところであり、完全なパフォーマンスを発揮しようとしているわけではない。

 ただ特にフェラーリは、2日間合計で303周を走破。全チーム中最多の周回数であり、高い信頼性を示している。メルセデスは233周と、マクラーレンからは4周多いのみである。

 カタルニア・サーキットでのテスト最終日も、ラッセルは半日間走行。チームメイトのルイス・ハミルトンとマシンをシェアする予定だ。

 
Read Also:
シェア
コメント
ベッテル、今年のロシアGPが予定通り開催されるなら出場しないと表明「あの国でレースするのは間違っている」
前の記事

ベッテル、今年のロシアGPが予定通り開催されるなら出場しないと表明「あの国でレースするのは間違っている」

次の記事

F1参入の初期費用は1100億円以上? アンドレッティは資金力を示す必要があるとメルセデス代表……他チームも歓迎

F1参入の初期費用は1100億円以上? アンドレッティは資金力を示す必要があるとメルセデス代表……他チームも歓迎