ハンガロリンク公式テスト2日目:メルセデスのラッセルが非公式レコード更新

シェア
コメント
ハンガロリンク公式テスト2日目:メルセデスのラッセルが非公式レコード更新
執筆: Scott Mitchell
翻訳:: 松本 和己
2018/08/02 0:27

F1公式合同テストの2日目がハンガロリンクで行われ、メルセデスのマシンを駆ったジョージ・ラッセルが最速タイムをマークした。

George Russell, Mercedes AMG F1 W09
Sean Gelael, Scuderia Toro Rosso STR13
Artem Markelov, Renault Sport F1 Team R.S. 18
Kimi Raikkonen, Ferrari SF71H
Robert Kubica, Williams FW41 with aero paint over the whole car
Robert Kubica, Williams FW41 with aero paint over the whole car
Lando Norris, McLaren MCL33
Brendon Hartley, Scuderia Toro Rosso STR13

 F1の公式インシーズンテストの最終日は、メルセデスのマシンに乗ったジョージ・ラッセルが、前日にアントニオ・ジョビナッツィ(フェラーリ)が記録した非公式レコードをさらに更新するトップタイムをマークした。

 午前中のセッションは、フェラーリのキミ・ライコネンが1分16秒171というトップタイム。2番手にはウイリアムズのロバート・クビサが続いたが、ライコネンとのタイム差は2秒以上開いていた。

 午後になると、ラッセルとライコネンがトップタイムを更新し合う展開。ラッセルが1分16秒050をマークすると、ライコネンもすぐさま1分15秒805を叩き出した。

 ハイパーソフトタイヤを装着したラッセルは、再びタイムを更新することに成功。1分15秒575を記録し、テスト初日にジョビナッツィが記録した非公式レコードを上回ることに成功した。

 このタイムは、先週末のハンガリーGPフリー走行3回目で、ウルトラソフトタイヤを履いてセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が出したコースレコードよりも0.6秒速いタイムだ。

 ラッセルはテスト初日こそギヤボックスの問題で走行距離が伸びなかったものの、この日は103周を走破した。

 ライコネンは走行終了間際にハイパーソフトタイヤを装着したものの、ラッセルには0.074秒届かず2番手だった。3番手には、レッドブルのマシンをドライブしたジェイク・デニスがつけたが、ラッセルとは1.437秒差だった。

 4番手はジョビナッツィ。この日はザウバーのマシンに乗り込み、ハイパーソフトタイヤを履いて1分17秒558をマークした。走行プログラムが分からないため直接の比較はできないが、前日の走行を担当したマーカス・エリクソンより0.5秒以上速いタイムをマークしている。

 フォースインディアのマシンをドライブしたニキータ・マツェピンが5番手。彼は午前と午後、どちらのセッションでも赤旗の原因となってしまった。

 午前中のセッション中盤にマシンストップに見舞われたマツェピンは、午後のセッション開始から1時間半の時点で走行再開。1度はタイムを計測することができたものの、13コーナー出口で再びマシンと止めた。ピットレーンに戻ってきたマシンの後部からはわずかに煙が出ていた。

 それでも走行時間残り20分の段階で走行を再開、最後の5分で1分17秒748というタイムを残した。

 6番手のクビサは、午前中に出したタイムを更新せずに最終的に6番手。彼が午前中にウルトラソフトタイヤを使って出したタイムは、ハンガリーGPのFP3でレギュラードライバーたちが出したタイムよりも速かった。

 マクラーレンのランド・ノリスは、走行最後の15分間で1分18秒472をマークし7番手。ソフトタイヤを装着して出されたタイムで、パフォーマンスを追求した走行はあまりしなかったようだ。

 8番手はルノーのマシンに乗ったF2ドライバー、アーテム・マルケロフ。ハイパーソフトタイヤで複数の走行を行い、午前のタイムを1.5秒ほど改善した。

 9〜11番手はトロロッソ勢。レギュラードライバーのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは、ピレリのタイヤテストを実施。ピレリが決めたプログラムで走行を行い、それぞれ10番手、11番手のタイムを残した。

 初日にタイヤテストを担当していたショーン・ゲラエルは、2日目はチームのテストプログラムを担当。トップから3.4秒遅れの9番手となった。

ハンガロリンク公式テスト2日目結果:

Pos Driver Car Time Gap Laps
1 ジョージ・ラッセル メルセデス 1'15.575   116
2 キミ・ライコネン フェラーリ 1'15.649 +0.074 131
3 ジェイク・デニス レッドブル 1'17.012 +1.437 131
4 アントニオ・ジョビナッツィ ザウバー 1'17.558 +1.983 120
5 ニキータ・マツェピン フォースインディア 1'17.748 +2.173 51
6 ロバート・クビサ ウイリアムズ 1'18.451 +2.876 103
7 ランド・ノリス マクラーレン  1'18.472 +2.897 73
8 アーテム・マルケロフ ルノー 1'18.496 +2.921 108
9 ショーン・ゲラエル トロロッソ 1'19.046 +3.471 122
10

ピエール・ガスリー

トロロッソ 1'19.790 +4.215 75
11 ブレンドン・ハートレー トロロッソ 1'20.221 +4.646 67
次の F1 ニュース
リカルド、レッドブルとの契約延長は夏休み後のベルギーGPまでに発表か

前の記事

リカルド、レッドブルとの契約延長は夏休み後のベルギーGPまでに発表か

次の記事

熟練の22歳 26ポイント獲得のガスリーをトロロッソ代表絶賛

熟練の22歳 26ポイント獲得のガスリーをトロロッソ代表絶賛
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガロリンク インシーズンテスト
執筆者 Scott Mitchell
記事タイプ テストレポート